人生に、もふもふを。

寒さの中、半分凍った状態で路上から救い出された老猫。温かい人の心に触れて、喉を鳴らし始める姿に胸が熱くなる

0

ある寒い夜のこと、保護施設『Itty Bitty Kitty Committee』は猫の保護活動を行うエバさんから、半分凍った猫を救出したというメッセージを受け取りました。

「エバさんは本当に助けが必要な時にしか連絡をしてきません。そのため猫の写真を見る前に、私達の助けが必要だということは分かっていました」と保護施設のドレラさんは言いました。

その後、施設に運ばれてきた猫は獣医さんのところへ行き、全身を毛布で包んでもらいました。暖かい部屋と毛布に安心した猫でしたが、体力がほとんど残っていなかったため、目を開くこともできませんでした。しかし、猫はそんな状況にも関わらず、喉を大きく鳴らして多くの愛情を求めてきたのです。

「私は猫の姿を見て、すぐに高齢の猫だと分かりました。彼は野良猫として長い間暮らしてきたためか、とても痩せ細っていました。彼はかなりの体力を消耗していたため、血液検査の結果が出るまで、私と一緒にじっとしていました」とドレラさんは言いました。

その場にいる誰もが血液検査で最悪の結果を覚悟していました。しかし、検査結果に異常はなく、FIVも陰性だったため、みんなはホッと胸を撫でおろしたそうです。

ドレラさん達は猫を元気な状態に戻し、生涯の家を見つけることを決心しました。

『ファーゴ』と名づけられた猫は、暖かい施設にとても安心したようで、ゆっくりと眠り始めました。

そしてファーゴの救出から24時間後、ずっと閉じられていた目がついに開き始めたのです! 体力が随分回復したファーゴは、ものすごい勢いでご飯を食べ始めました。そしてスタッフ達に触れられると、いつも嬉しそうに喉を鳴らしました。

ファーゴがこれまでにどのような人生を歩んできたかは誰にも分かりませんが、これからのファーゴが王様のような人生を歩むことをスタッフ達は知っていました。

「ファーゴは養育主さんの家で新しい人生を送っています。彼は高齢の猫ですが、まだまだ元気に暮らしています。ファーゴの歯は1本しか残っていないため、食事はいつもウエットフードですが、彼はそのご飯をとても気に入っているようです。」

その後、ファーゴは養育主のエミリーさんに正式に引き取られました。エミリーさんと家族になったファーゴは、とてもおしゃべりで甘えん坊さんになったそうです。

「ファーゴにあとどのくらいの時間が残されているかは分かりませんが、彼と一緒に素敵な思い出をたくさん作っていこうと思います」とエイミーさんは話してくれました。

こうして半分凍った状態で見つかったファーゴは再び元気を取り戻し、温かい家族に迎えられました。毎日が幸せいっぱいのファーゴは、これからも大きな音で喉を鳴らしながら、穏やかな日々を送っていくことでしょう。
出典:IBKClovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう