人生に、もふもふを。

亡くなった親友を探して、悲しそうに家の中を歩き回っていた猫。親友の毛の束に大きな反応を返す姿に胸が熱くなる

0

猫の『アレサナ』と『セン』は、長い間ずっと一緒に暮らしてきました。2匹は一日のほとんどを一緒に過ごし、抱きしめ合ったり、楽しそうに遊んだりしていました。そんな2匹が一番好きだったことは、お互いの耳を毛づくろいして綺麗にすることでした。2匹は深い絆で結ばれていて、誰にも引き離すことはできませんでした。

しかし、アレサナはガンと診断されて、先月のクリスマスの朝に病院で息を引き取りました。

仲良しな猫出典:Emma Pearce (thedodo)

家族は残されたセンに、親友が亡くなったことを伝えようとしましたが、説明するのは不可能でした。家族はセンが親友を探し回っている姿を見て、とても胸が苦しくなったそうです。

「もしかするとセンは親友がこの世を去ったことに気づいていたのかもしれません」と飼い主さんのエマ・ピアースさんは言いました。

「センは玄関の隣の窓に座って、何時間も外を見つめていました。そして、アレサナがいつも過ごしていた部屋を何度も歩き回っていました。」

幸せな猫出典:Emma Pearce

そんな中、家族はアレサナの遺灰と足跡と毛の束を受け取りました。エマさんはそれがセンを悲しみから救うための手助けになるかもしれないと考えました。

亡くなった猫出典:Emma Pearce

そこでエマさんは、アレサナの毛の束をセンに見せました。

毛の束出典:Emma Pearce

するとセンはすぐに反応を示したのです。

友達を想う猫出典:Emma Pearce

「センは毛の束を見た瞬間から毛づくろいを始め、顔を擦りつけました。」

その姿を見たエマさんは、センがその毛の束が親友のものだとすぐに分かったように感じました。そしてエマさんはセンが今の状況を受け入れて、前に進む手助けになることを望みました。

友達の思い出出典:Emma Pearce

「私達はできるだけ多くの抱擁と愛情で、センに寂しさを感じさせないようにしています」とエマさんは話してくれました。

エマさんはその後も何度か毛の束をセンに見せましたが、そのたびに同じ反応を返してきたそうです。

エマさんは今後、みんなの心の準備が整ったら、大切なアレサナのことをいつでも思い出せるように、毛の束で小物を作ろうと考えているそうです。アレサナは虹の橋を渡りましたが、家族はその小物を通して、これからもずっとアレサナの存在を身近に感じるようができるのです。
出典:Emma Pearce/thedodo

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう