人生に、もふもふを。

優しい女性のおかげで幸せな人生を歩み始めた保護猫。助けてもらったお礼は『24時間の監視』でした ( *´艸`)♡

0

猫の『ベラルーシ』はこれまでずっと、以前の家族と一緒に暮らしてきました。しかし残念なことにベラルーシは、家族の家庭の事情で保護施設に連れて来られてしまったのです。家族はベラルーシとの別れを悲しみ、ベラルーシに素敵な家が見つかることを望みました。

見つめる猫出典:my_boy_belarus

「ベラルーシはとても優しく、親しみやすい性格です。彼は特徴的な寄り目とフワフワのシッポを持ったハンサムな猫です」と保護施設のデーブ・キャンベルさんは言いました。

甘えん坊のベラルーシは常に愛情を欲していて、いつも誰かにかまってもらいたいと思っていました。そのため目の前を誰かが通るたびにすぐに立ち上がって、一緒に連れて行ってもらおうとアピールしてきたそうです。

そんな中、サンフランシスコに住むレイチェルさんが、SNSでベラルーシの写真を見つけました。レイチェルさんは少し前から猫を家族に迎えようと考えていて、一緒に暮らす保護猫を探していました。「私はベラルーシに一目惚れして、すぐに保護施設に連絡を取りました。その後、いくつかの仕事を終わらせて、彼のところに向かいました」とレイチェルさんは言いました。

ベラルーシとレイチェルさんが初めて出会った時、ベラルーシは『もう家に行く準備ができているよ』とばかりにレイチェルさんに寄り添ってきました。

「私はベラルーシを家に連れて帰れることに喜びを感じました。彼は驚くほど落ち着いていて、愛らしい姿をたくさん見せてくれました。」

そして新しい家に着いたベラルーシは、レイチェルさんの小さな影になりました。

「ベラルーシはどこまでも私の後を追ってきます。ベラルーシと一緒の生活には、プライバシーは存在しません。」

「ベラルーシは大きな個性を持った猫です。彼の年齢は約1歳ですが、心の中は子猫のままです。彼は遊ぶのが大好きで、家の中を楽しそうに走り回ります。またオモチャにも興味津々です。」

レイチェルさんがシャワーを浴びている時も、ベラルーシは浴室の外で待っています。そしてレイチェルさんが無事に『試練』を乗り越えられるかを確認するのです。

毎朝、レイチェルさんが目を覚ますと、ベラルーシはレイチェルさんと一緒に洗面所に行きます。ベラルーシはいつも一緒に行動し、レイチェルさんのルーティーンの一部になることを熱望しているのです。

ベラルーシはレイチェルさんが仕事から帰って来ると、食事や遊び、そして一緒にまったりする準備ができていることを伝えてきます。

また、ベラルーシは冷蔵庫の中の食べ物のチェックも行います。ベラルーシは何か問題を見つけると、しっかりと意見してくるそうです。

さらにベラルーシはレイチェルさんの食器洗いも手伝ってくれるそうです♪

「私がテレビを見たり、メールに返事を書いていたり、ソファーに座っていると、必ずベラルーシが寄り添ってきます。彼は私がそばにいることを確認すると、眠りにつくか、毛づくろいを始めます。」

好奇心旺盛で何にでも興味津々のベラルーシは、人間のお母さんがやっている全てのことを知りたがっているのです。

「ベラルーシは棚の上のものを落とすのも大好きです。彼は洗面所に行った時も、よくものを落とします。」

ものを落とすベラルーシの様子はこちら。(動画)

そしてベラルーシがオヤツを食べたくなると、空のボウルの横に座って、じっとレイチェルさんを見つめてくるそうです。その完璧なおねだり顔には、誰も「ノー」とは言えません(*´ェ`*)

レイチェルさんがテレビを見ている時もベラルーシは膝の上に飛び乗ってきます。そして、愛らしい寄り目でじ〜っと見つめてくるのです。

ベラルーシが家に来てから4ヶ月が経ちました。さらにフワフワのハンサムさんに成長しましたベラルーシは、毎日レイチェルさんの後にピッタリとくっつきながら、大好きなお母さんのことをしっかりと守っているそうです。

ベラルーシは完全にこの家の管理者で、レイチェルさんの保護者なのです♪

こうしてレイチェルさんに引き取られたベラルーシは、常にレイチェルさんのことを守るようになりました。それは素敵な家をプレゼントしてくれたレイチェルさんへの最高の恩返しなのです。きっとこれからもベラルーシは、レイチェルさんにピッタリとくっつきながら、たくさんの幸せを運んで来ることでしょう(*´ェ`*)
出典:my_boy_belaruslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう