人生に、もふもふを。

保護されるまで必死に子猫を守っていた犬。一緒の家に迎えられるととっても安心したようで、幸せな毎日を過ごし始める

0

今週の初め、アメリカのハンプトンにあるサッカー・パークを歩いていた通行人が、建物の脇の茂みの中で小さな犬を発見しました。そして犬のそばには、1匹の子猫がピッタリと寄り添っていたのです。

2匹のことが気になった通行人は、SNSに2匹の写真を投稿しました。するとすぐに2匹を助けるために、何人かの人が集まってきました。

猫を守る犬出典:Saver-of-Souls-Pet-Rescue

しかし、2匹を安全な場所に連れていくのは予想上に大変なことでした。後に『ゴメス』と名づけられた2歳のチワワは子猫を守るために、近づいて来た人達を怖い顔で威嚇してきたのです。

「2匹は完全に結びついていて、私達が近づこうとするとチワワが唸り声を上げました」と現場に来た人がSNSに書き込みました。

最終的に2匹は地元の保護施設に持ち込まれ、飼い主さんがいるかを確認することになりました。施設のスタッフ達はすぐに2匹の写真をFacebookページに投稿して、もし飼い主さんがいたら連絡をして欲しいと書き込みました。

「彼らは慣れない環境にとても怖がっているように見えました。きっと彼らは助けてくれた人達のことを、自分達の敵だ思っていたことでしょう」とスタッフのエルトゥールさんは言いました。

仲良しな猫と犬出典:Saver-of-Souls-Pet-Rescue

2匹を保護施設に運んできたロベルトさんは、保護施設では犬と猫は別々のケージに入れられる可能性が高いことを知っていたため、施設に連れていくことが本当に良いことなのか悩みました。

「ほとんどの施設では安全のために犬と猫を一緒にしないようにしています。でも彼らは片時も離れたくないようで、少しでも遠ざけようとすると鳴き始めました」とエルトゥールさんは言いました。

動物好きのロベルトさんは、いつも寄り添っている動物達はお互いを傷つけないこと、そして一緒にいることが心の健康にも重要であることを知っていました。しかし、ロベルトさんは同時に、保護猫と保護犬が同じ里親さんの家に行くことが難しいことも知っていたのです。

「ほとんどの施設では一組のペアを一緒に引き取ってもらうことを強要することができません。もし一緒に迎えてくれる里親さんを探そうとすると、いつまでも家が見つからない可能性があるからです」とエルトゥールさんは続けました。

しかし、2匹を迎え入れたエルトゥールさんの考えは違っていました。エルトゥールさんは2匹に飼い主さんが現れないことが分かると、2匹のために部屋を作って、一緒に住める家を見つけることに決めたのです。

いつも一緒のゴメスと子猫『モルティシア』の姿に、スタッフ全員がエルトゥールさんの考えに賛成しました。

一緒の猫と犬出典:Saver-of-Souls-Pet-Rescue

その後、養育主さんの家に移ったゴメスとモルティシアでしたが、2匹の絆が驚くほど深いことは誰の目から見ても明らかでした。

2匹はそれぞれが愛情深く、人間への優しさを持っていましたが、2匹が一緒になるとさらにその個性が何倍にも増幅されました。「ゴメスは少し内気な性格で初めての人には緊張しますが、次第に愛らしい姿を見せてくれるようになります。でもモルティシアが近くにいる時は、完全に心を開きます。彼らは別々に人に会うよりも、一緒に会った時の方が明らかに幸せそうで、より社交的になります」とエルトゥールさんは話してくれました。

仲良しな猫と犬出典:Saver-of-Souls-Pet-Rescue

こうして屋外で保護された2匹は優しい人達のおかげで、ずっと一緒に暮らせることになりました。

2匹はもう少しで里親募集が始まります。きっと2匹を一緒に迎えた家族は、愛らしい2匹の姿を見ながら、最高に幸せな日々を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Saver-of-Souls-Pet-Rescuethedodo

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう