人生に、もふもふを。

道路の片隅に横たわり、動けなくなっていた迷子の子猫。1人の女性が手を差し伸べると、再び息を吹き返す

0

約1ヶ月前のこと、マレーシアに住むジエヤン・オウさんが昼食に行く途中、道路の片隅に1匹の子猫を見つけました。子猫はとても衰弱していて、足には怪我を負っていました。また子猫の母親の姿はどこにも見当たらなかったそうです。

見上げる子猫出典:loufuzai

このままでは子猫の命が危ないと感じたジエヤンさんは、子猫を救い上げて、命を救うための行動に出ました。

「子猫は約3週齢くらいで、体重は260gしかありませんでした。また彼女の足の関節は脱臼していました」とジエヤンさんは言いました。

倒れていた子猫出典:loufuzai

ジエヤンさんは自宅で子猫の看護を始め、子猫の足が自然治癒することを望みました。

ジエヤンさんは子猫の育て方についてほとんど知らなかったため、いくつかのサイトと動画を見て、24時間の世話を始めました。「私は今までに子猫を育てた経験がなかったため、どうやって世話をするか分かりませんでした。そのためYouTubeの動画はとても参考になりました。」

眠る子猫出典:loufuzai

一方の子猫は人間のことを非常に怖がり、食べることを拒否しました。そのため最初の2日間はとても大変だったそうです。それでもジエヤンさんは子猫のそばに留まり続け、子猫に居心地の良さを感じてもらえるように世話を続けました。

子猫は優しいジエヤンさんに温められて、ゆっくりと愛情を受け入れ始め、ジエヤンさんの方を振り向くようになりました。そしてついに子猫は自らご飯を食べるようになったのです。

幼い子猫出典:loufuzai

ジエヤンさんと家族は元気を取り戻した子猫に『ベビー・タイガー』と名づけました。タイガーはすっかりジエヤンさんに心を開き、その表情からは完全に恐怖が消えました。

見上げる子猫出典:loufuzai

1週間後、ジエヤンさんはタイガーの足が大きく腫れていることに気づきました。幸いなことにタイガーの怪我が最悪の状態になる前に、獣医さんのところに連れて行くことができたそうです。

獣医さんの治療と薬で、タイガーは快方へと向かい始めました。そして10日後には、怪我をしていた足を使えるようになったのです。タイガーは足が治るに連れて好奇心が溢れ出し、遊ぶことが止められなくなりました。

遊ぶ子猫出典:loufuzai

愛らしいタイガーの様子はこちら。(動画)

「タイガーはとてもお茶目で、好奇心が旺盛で、人間のことが大好きです。彼女は大きな丸い目をしていて、いつも喉を鳴らしています。彼女はとっても甘えん坊で、毎日抱きしめられながら眠りにつきます。」

元気な子猫出典:loufuzai

現在7週齢のタイガーはとても幸せで、健康的で、お話し好きに成長しました。タイガーの足は綺麗に完治し、他の子猫と同じように走ったり飛んだりすることもできるようになったのです。

「タイガーは稲妻のようなスピードで家の中を疾走しています。私達はそんな彼女のことが大好きで、いつも誇りに思っています」とジエヤンさんは嬉しそうに話してくれました。

可愛い子猫出典:loufuzai

こうして優しいジエヤンさんのおかげで幼い命が助かりました。ジエヤンさんは今まで生きてきた中で、路上から子猫を救う日が来るとは考えたこともありませんでした。でもジエヤンさんは今、大切なタイガーに出会えたことに心から感謝しているそうです。

まったりする子猫出典:loufuzai

そんなジエヤンさんに救われたタイガーは、辛い時期を乗り越え、ここまで歩んできました。すっかり人間好きになったタイガーは、いつもジエヤンさんのことを元気いっぱいに追いかけているそうです(*´ω`*)
出典:loufuzailovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう