人生に、もふもふを。

保護した時はスプーンほどの大きさしかなかった子猫。優しい家族の力を借りて、たくましく成長していく姿に胸が熱くなる

0

3週齢の時に保護施設に連れて来られた『フランシス』は、体重が113gで新生児と同じくらいの大きさでした。この時のフランシスは、スプーンほどの大きさしかなかったそうです。

スプーンと子猫出典:thecatlvt

スタッフ達は引き取ったフランシスを動物病院『ノヴァ・キャット・クリニック』に連れて行きました。そして、フランシスの養育をエレン・カロッツァさんにお願いしました。

フランシスは小さな身体の割には、大きな頭を持っていたそうです。「フランシスの兄弟は体重が280gを超えていましたが、彼の体重はその半分もありませんでした」とエレンさんは言いました。

獣医さんの診察を受けたフランシスは、心雑音があり、毛がところどころ抜けていることが分かりました。そのため獣医さんはフランシスの状態を詳しく調べるために、さらにいくつかの検査を行うことにしました。

手の上の子猫出典:thecatlvt

身体の小さなフランシスですが、それが彼の行動を制限することはありませんでした。エレンさんがフランシスを迎えに行った時も、フランシスは自分から寄り添ってきて、大きな声で鳴いてきたそうです。

まだ幼いフランシスには24時間の世話が必要でした。またフランシスはとても寂しがり屋で、食事の時間以外はいつもエレンさんに甘えてきました。エレンさんはフランシスが寂しがらないように、ポケットの中に入れて一緒に行動したそうです。

ポケットの子猫出典:thecatlvt

エレンさんの家に住んでいたオス猫の『ベニー』も、すぐにフランシスのことを受け入れてくれました。ベニーはフランシスの食後に毛づくろいを始めて、優しく寝かしつけました。さらにトイレの使い方やご飯の食べ方も教えたそうです。

こちらはベニーと一緒に座るフランシスの姿です。

猫と子猫出典:thecatlvt

その後、初めてウェットフードを食べさせてみると、フランシスは驚くほどの勢いで食べ始めました。エレンさんはその姿を見ながら、フランシスの成長を強く感じたそうです。

ご飯を食べる子猫出典:thecatlvt

「フランシスが追加の検査を行った結果、彼は甲状腺機能低下症ではなく、成長ホルモン欠乏症の可能性が高いことが分かりました。また、彼は身体が小さいだけでなく、いくつかの健康上の問題を抱えていることが分かりました。」

見つめる子猫出典:thecatlvt

エレンさんの元で6週齢になったフランシスは、3週齢の子猫と同じくらいの大きさになりました。

体重を測る子猫出典:thecatlvt

フランシスはまだ年齢よりも随分小さいですが、とてもエネルギーに溢れていて、毎日を元気に過ごしているそうです。

見つめる子猫出典:thecatlvt

フランシスが通っている動物病院は、フランシスのような子猫の治療経験が豊富で、これからもずっとフランシスのために力を貸してくれるそうです。

こちらはフランシスに愛情を注ぐベニーの姿です。(動画)

Ellenさん(@thecatlvt)がシェアした投稿

エレンさんはフランシスの世話を続けているうちに、すっかりフランシスのことが手放せなくなってしまいました。そこでフランシスが十分に成長したら、そのまま家族の一員に迎えようと考えているそうです。

成長して来た子猫出典:thecatlvt

エレンさんはフランシスのために、新しいベッドを用意しました。フランシスは早速ベッドが気に入ったようで、幸せそうにゴロゴロし始めたそうです♪

くつろぐ子猫出典:thecatlvt

現在8週齢のフランシスは、特徴的な口髭の可愛い子猫へと成長しました。とっても甘えん坊なフランシスは、いつもエレンさんにたくさんのおねだりをしてくるそうです♪

見上げる子猫出典:thecatlvt

こうしてスプーンほどの大きさしかなかったフランシスは、エレンさんや獣医さん達のおかげで、ここまで成長することができました。フランシスはこれからも日に日に大きくなっていき、いつも愛情を注いでくれる人達に愛らしい姿をたくさん見せてくれることでしょう。
出典:thecatlvtlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう