人生に、もふもふを。

猛烈な暑さの中、道路の真ん中で助けを求めていた子猫。保護直後の優しいハグに、温かい愛情を感じる

0

猛烈な暑さの中、砂漠に囲まれたラスベガスの道路の真ん中で、幼い子猫が助けを求めて鳴いていました。必死の声を聞いたテレサさんは、すぐに子猫のところへと駆けつけました。

普段から動物達の保護活動を行なっているテレサさんは、子猫を安全な場所まで運ぶと、保護施設のニッキー・マルティネスさんに連絡をしました。

持たれる子猫出典:myfosterkittens

「子猫は灼熱の太陽の元で、独りぼっちで叫んでいました。私はテレサさんから子猫を受け取り、すぐに看病を始めました」とニッキーさんは言いました。

保護施設で『バート』と名づけられた子猫は、とても痩せ細っていて、獣医さんによる眼感染症の治療が必要でした。また保護直後のバートはとても空腹だったため、用意されたご飯を物凄い勢いで食べ始めたそうです。

保護から丸一日が経つ頃には、バートは屋内での生活に随分と慣れていました。また、バートはニッキーさんのハグに幸せを感じたようで、たくさんの愛情とハグを求めるようになったそうです。

助かった子猫出典:myfosterkittens

それから数日後、バートの目は回復し、全身にエネルギーが溢れてきました。そして完全に元気を取り戻すと、バートは好奇心の塊になり、部屋中を駆け回るようになったのです。

かしげる子猫出典:myfosterkittens

バートは自分の好奇心を満たすことができて、とても満足そうな姿を見せてくれました。

見上げる子猫出典:myfosterkittens

そしてバートは自然と、家の中の王様になっていったのです(*´ω`*)

登る子猫出典:myfosterkittens

バートは先住猫の『シャドビー』とも仲良くなりたくて、自ら挨拶に向かいました。でもシャドビーは自分のスペースを共有したくなかったようで、積極的にバートに関わろうとしませんでした。それでもバートは諦めずに猛アタックを繰り返して、最後には友達になったそうです。(動画)

すっかり家猫生活が気に入ったバートは、夜になるといつもニッキーさんのベッドに入って、一緒に眠りにつくそうです。

幸せ子猫出典:myfosterkittens

そんな幸せいっぱいの生活を送っているうちに、あっという間に2ヶ月が過ぎました。バートはすくすくと大きくなり、フワフワの男の子に成長しました。

外を見る子猫出典:myfosterkittens

そして昨日、バートはついに新しい里親さんのところへと旅立って行きました。新しい家にはバートと同じ毛色の『デイジー』と『ダスティー』が暮らしていて、さっそく挨拶を交わしたそうです。きっとバートは持ち前の猛アタックで、2匹の先住猫ともすぐに仲良くなることでしょう。

一方、バートを送り出したニッキーさんは、静かになった家の中に寂しさを感じていました。でもそれと同時に、バートが素敵な里親さんと出会えたことに、大きな喜びを感じているそうです。

見上げる子猫出典:myfosterkittens

こうして猛烈な暑さの中、道路で鳴いていたバートは、ニッキーさんのおかげで元気を取り戻し、永遠の家に行くことができました。きっとバートはこれからも、ニッキーさんからもらった愛情を胸に、幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:myfosterkittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう