人生に、もふもふを。

職場近くの草むらで子猫を発見。不安で鳴き止まない子猫にそっと触れると… (5枚)

0

ある日、レイニーさんが朝早くから職場で仕事をしていると、窓の外から「ニャーニャー」という声が聞こえてきました。レイニーさんがすぐに外の様子を見に行くと、フェンスのそばで子猫が鳴いていたのです。

草むらで保護した子猫

レイニーさんは病気のために両目を開けられない子猫を保護しました。子猫は保護した後も鳴き続けましたが、レイニーさんが背中をそっと撫でてあげると、徐々に落ち着いていったのです。

レイニーさんは完全に子猫が落ち着いたことを確認すると、家にいる妻に電話をして職場に呼びました。そして子猫を手渡すと、動物病院に連れていて欲しいとお願いしたのです。

こちらが保護の様子です。

その後、レイニーさんは子猫の家族がいるかもしれないと思い、職場の周りを隅々まで探しましたが、結局、家族を見つけることはできませんでした。

子猫は獣医さんのところで治療を受けたおかげで、翌日になると目の症状がかなり改善していました。レイニーさん夫婦は、少し元気になった子猫をお風呂に入れて、全身についたノミを洗い落としたのです。

不思議な顔の子猫

夫婦は子猫に『ダニー』と名づけました。
ダニーは、レイニーさんの家で保護猫の『スキッドマーク』に出会い、すぐに親友になりました。

スキッドマークの保護について詳しく知りたい方は、『道路の真ん中で動けなくなった子猫を救出するライダー』をご覧ください。

同居猫と友達になった子猫
くっついて離れない子猫

そして、ダニーはあっという間に成長しました。身体が大きくなったダニーですが、レイニーさんにたっぷりと甘やかされて、すっかり甘えん坊さんになったようです♪

幸せそうな子猫

ダニーは保護されて以来、命の恩人であるレイニーさんにいつも寄り添っています。どうやらふたりの間には、深い絆が存在しているようです。辛い時期を乗り越えた分、たっぷりとレイニーさんに甘えて、幸せな毎日を送っていって欲しいですね!

出典:instagram.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう