人生に、もふもふを。

土砂降りの雨の中、ずぶ濡れの子猫を発見。何とか保護して家に連れて帰ると… (11枚)

0

ある日のこと、カイランさんとアリッサさんが車で移動していると、土砂降りの雨の中でズブ濡れになっている子猫を発見しました。ふたりはすぐに子猫の保護に向かったのですが、人間に慣れていない子猫は怖がって威嚇してきたのです。

外で濡れる子猫

ふたりは何とか子猫を保護すると、急いで車の中へと引き返しました。そして、子猫の全身を確認すると、唇の辺りに怪我を負っていました。また、長時間冷たい雨に当たっていたため、震えが止まらなかったのです。

保護された子猫

ふたりはすぐに子猫を動物病院へ連れて行きました。

その後、アリッサさんの家で暮すことになった子猫は、『ミズ』という名前をつけてもらいました。こちらは家に来た日のミズの姿です。

保護された子猫

ミズは上部気道感染(風邪のような症状の出るウィルス感染症)を患っていたため、初日は鳴くことができませんでした。また、雨に打たれて体力を消耗していたため、ご飯を食べるとすぐに眠ってしまったそうです。

他の猫に見られている

そして翌日、目が覚めたミズは突然鳴き始めました! どうやら暖かい場所でぐっすりと眠ったおかげで、少し元気が出てきたようです。

ヨチヨチ子猫

ミズは抗生物質と目薬、唇の怪我用の塗り薬で少しずつ健康な状態へと戻っていきました。そして、1週間後にはすっかり傷もなくなり、病気も治ったのです。

元気になってきた子猫

元気になったミズは、じょじょに猫らしさが出てきました。こちらの写真は、ミズが毛布を独り占めしている様子です。

眠る子猫

ミズは新しいオモチャに興味津々で、疲れるまで遊び続けます。

元気な子猫

そして、そのまま寝落ちするのです♪

眠る子猫

それから数週間後。
ミズは2匹の先住猫とも仲良くなりました。ミズは先住猫のことが大好きで、よくちょっかいを出しているそうです。

遊ぶ子猫

保護して1ヶ月後。
ずいぶん大きくなったミズは、どうやらお気に入りの場所を見つけたようです♪

抱っこされる子猫

こうしてズブ濡れの状態で保護されたミズは、アリッサさんの看病のおかげですっかり元気を取り戻しました。あの日、アリッサさん達が偶然あの場所を通りかかっていなければ、ミズは今頃どうなっていたことでしょう。無事に保護されて本当に良かった! これからもアリッサさんや先住猫にいっぱい甘えて、幸せな毎日を送っていって欲しいですね。

出典:reddit.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう