人生に、もふもふを。

生死をさまよった猫。病気の動物たちに寄り添う看護師になる

0

とっても可愛い黒猫の看護師さんが、ポーランドのブィドゴシュチュにある動物保護施設にいます。名前は、ラデメネス。毎日、傷ついた動物達に寄り添い献身的な看護を続けています。

猫を抱き抱える黒猫

野良猫だったラデメネスが最初に動物保護施設に来たのは患者としてでした。施設に運ばれてきた時には呼吸器感染症のため、すでに瀕死の状態でした。すぐに状態を診た獣医さんはラデメネスの命を諦め、楽にさせてあげようと考えたそうです。しかし、ラデメネスは奇跡的に助かり、生還したのです。

天使の黒猫

元気になったラデメネスは、施設に運ばれてくる弱った動物達を自ら看護するようになりました。常に動物達を気遣いながら、安心させようと抱きしめて寝かしつけたり、身の回りの世話をしたりしているそうです。もしかすると、自分も苦しい経験をして、弱っている動物達の苦しみが分かるようになったのかもしれませんね。そして、看護師さんの献身的な看護がうれしくて、同じ事を動物達にしてあげたいと思ったのかもしれません。

しっかりと側に居てくれる黒猫
犬を看護する黒猫

特に症状の重い動物達へは熱心に看護します。
まるで、自分がしなければいけない事を分かっているようです。

危険な状態の猫に寄り添う黒猫
猫を心配する黒猫

献身的な看護は、ラデメネスが起きている時間中ずっと続きます。
ラデメネスの中に、一匹でも多くの命を助けたいという強い想いがあるのかもしれません。

猫を見守る黒猫
猫を気遣う黒猫
犬といっしょに過ごす黒猫

ラデメネスの優しい気持ちは、きっと動物達に伝わるでしょう。
そして、これからもラデメネスの献身的な看護で多くの命が救われていくことでしょう。

獣医さんに助けてもらった黒猫

出典:tvn24.pl

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう