人生に、もふもふを。

目が見えず、衰弱していた子猫を保護。優しい女性のおかげで視力が回復すると、とっても愛らしい瞳を見せてくれた♪

0

ある女性が自宅の裏庭で1匹の野良猫を見つけ、裏庭の小屋で子猫を産んだことに気づきました。女性は猫の親子の邪魔をしないように、遠くの方から見守ることにしました。

包まれる子猫出典:Rescuechatonsmontreal

それから2週間後のこと、いつものように小屋を出た母猫でしたが、それ以来小屋に戻って来ることはありませんでした。子猫が気になった女性が小屋の中を確認すると、感染症のために目が開かなくなっている子猫の姿を発見したのです。

女性は子猫を保護すると、すぐに動物病院へと連れて行きました。その後、地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』が子猫を引き取り、『ランナー』と名づけました。

「ランナーはとても痩せ細っていて、体重は僅か350gしかありませんでした。獣医さん達は失明の危機に瀕しているランナーを救うために、彼女の目を綺麗にして、治療を始めました」とスタッフのセリーヌ・クロムさんは言いました。

目が閉じられた子猫出典:Rescuechatonsmontreal

ランナーは病気のため、うまく食べることができませんでした。その姿を見たセリーヌさんは、「母猫がランナーを置いていったのは、ランナーがもう生きられないと感じたからだろう」と思ったそうです。

セリーヌさんはランナーを自宅に連れて帰り、一日中看護を続けました。そのおかげでランナーは徐々に目が見えるようになり、食欲を取り戻していったのです。

見上げる子猫出典:Rescuechatonsmontreal

ランナーはすぐにセリーヌさんのことが好きになり、いつもそばにいるようになりました。

眠る子猫出典:Rescuechatonsmontreal

そして1週間後、ランナーの目はすっかり良くなり、ひとりでご飯を食べられるようになったのです。

見つめる子猫出典:Rescuechatonsmontreal

ランナーはいつもお腹がいっぱいになると、セリーヌさんに愛らしい姿を見せてくれました♪

眠る子猫出典:Rescuechatonsmontreal

元気を取り戻したランナーは、16歳の先住猫『マーシャ』に出会いました。最初は物陰に隠れていたランナーでしたが、マーシャの愛情を感じて、徐々に心を開いていきました。

見上げる猫出典:Rescuechatonsmontreal

そして翌朝セリーヌさんが目を覚ますと、ランナーはマーシャに寄り添いながら、幸せそうに眠っていたそうです(*´ェ`*)

仲良しな猫と子猫出典:Rescuechatonsmontreal

現在、5週齢になったランナーは好奇心に溢れていて、常に大きな目を輝かせています。ランナーは色々なものに興味津々で、いつも家の中を元気に冒険しているそうです♪

見つめる子猫出典:Rescuechatonsmontreal

こうして目が見えなくなっていたランナーは、優しいセリーヌさんのおかげで、再び物を見ることができるようになりました。暖かい家の中で楽しそうに過ごすランナーの姿に、心が温かくなりますね(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう