人生に、もふもふを。

目が見えなかったため、母猫に見捨てられた猫。保護された直後の温かいハグが忘れられなくて (*´ェ`*)

0

猫の『ニム』は生後5週で母猫に見捨てられました。母猫は目の見えないニムを見て、野生では生きられないと思ったのです。何も分からない状態で突然独りぼっちになったニムは、どんなに心細かったことでしょう。

しかし、そんなニムに手を差し伸べたのが今の飼い主さんでした。温かい家に迎えられたニムは、優しい飼い主さんの元で、無事に3歳を迎えることができたのです。

ニムは保護された直後のハグがとても嬉しかったようで、大きくなった今でも飼い主さんをギュッと抱きしめるのが大好きです。

飼い主さんに抱きつく猫出典:imgur.com

ニムは全く目が見えませんが、他の感覚を使って『見る』ことができます。ニムは嗅覚と触覚で身の回りのことを完全に把握し、一度歩いた場所は正確に覚えることができるのです。

立ち上げる猫出典:imgur.com

飼い主さんはニムを保護した後、盲目の猫をもう1匹家族に迎えました。2匹はとても気が合ったようで、すぐに打ち解けたそうです。

お友達の猫出典:imgur.com

またニムは散歩に出かけるのも大好きで、散歩中に出会った動物達ともすぐに仲良くなります。もちろん犬の前でも臆することはありません。

犬と猫出典:imgur.com

そして自宅に帰っても、ニムは先住犬と一緒です。飼い主さんは時々、ニムが犬ではないかと思う時があるそうです。

幸せそうな盲目の猫出典:imgur.com

こうして生後5週で見捨てられたニムは、飼い主さんのおかげで幸せな生活を手に入れることができました。目が見えなくても元気いっぱいのニムは、これからも大好きな飼い主さんにハグをしながら、幸せな毎日を送っていくことでしょう♪

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう