人生に、もふもふを。

世話をしてくれた男性に、温かい愛情を感じた猫。ある日、子猫と共に現れて、幸せいっぱいの暮らしが始まる

0

ある日、衛星受信機の販売代理店の後ろで、缶から頭が抜けなくなってしまった痩せ細った猫が見つかりました。猫を見つけたお店のスタッフは、すぐに猫を缶から解放してあげたそうです。

助け出された猫は人間に驚いて、すぐに物陰へと消えていきました。

ハグ猫出典:Brian Sheppard

その話をスタッフから聞いた経営者のブライアン・シェパードさんは、すぐにお店を出て猫を探し始めました。

「私は店を出て辺りを探し回りましたが、猫を見つけることができませんでした。しかし営業時間終了後に、店の後ろで彼女に会うことができました」とブライアンさんは言いました。

ブライアンさんが猫に近づくに連れて、猫がどれだけ痩せ細っているかが分かりました。すぐに店の中に戻ったブライアンさんは、昼食に残したチキンを持って来て、食べさせてあげたそうです。

ブライアンさんは猫が誰かに飼われているかもしれないと思い、その日はそれ以上のことはしませんでした。しかし2日後、猫が再びブライアンさんのところに姿を現したのです。

「私は地元のペット用品店に行き、食べ物とお皿、トイレとベッドを購入してきました。私が帰ってくると、彼女は店の玄関で出迎えてくれました。私は彼女にご飯を食べさせながら、身体の状態を確認しました。すると彼女の胸が張っていて、子猫に授乳していることが分かりました。」

幸せ猫出典:Brian Sheppard

ブライアンさんは猫が子育て中のため、家の中に長くは留まらないのだろうと思いました。

「私は彼女が食事を済ませた後、店の後ろに食べ物と水を置いて、ダンボールとタオルで簡易ベッドを作りました。私は彼女が再び会いに来てくれるか、子猫達を連れて戻って来て欲しいと願いました。」

ブライアンさんはとても親しくなった猫に『ソフィー』と名づけました。

膝猫出典:Brian Sheppard

1週間後、ブライアンさんが店の近くの未舗装の車道を渡り終わると、そこに建っていた家の庭でソフィーの姿を見つけました。どうやらソフィーは、この家の庭で暮らしているようでした。

その後もソフィーは毎日店を訪れて、ブライアンさんと一緒に楽しい時間を過ごしました。「ソフィーはいつも私の店に来て、ご飯を食べました。彼女は私が買ってきたベッドが気に入ったようで、その中で幸せそうに眠りました。」

「私がお客さんの対応をしている時も、ソフィーはベッドで眠っていました。また、私のデスクの下にベッドを置くと、私が忙しくしている最中も、彼女はベッドの中で休んでいました。」

くつろぐ猫出典:Brian Sheppard

11月下旬のこと、ブライアンさんは未舗装の車道を渡って、ソフィーが暮らしている家に行き、ソフィーについて尋ねてみました。その時ブライアンさんは初めて、ソフィーの2匹の子猫を目にしたそうです。

ブライアンさんが住人の男性にソフィーを引き取りたいことを伝えると、その男性は猫を世話することに興味がなかったため、全ての猫を連れて行って欲しいと言ってきました。しかし、男性の娘はそれを拒否しました。そのため男性の家族の準備が整うまで、ブライアンさんは待つことにしたのです。

外の猫出典:Brian Sheppard

「男性からは1週間ほど連絡がなく、ソフィーの姿を見ることもありませんでした。そのため私は男性の家族が、彼女を家に迎えたのだろうと思いました。」

そんなある日のこと、ブライアンさんが店を閉めていると、よく知っている猫が店の玄関マットに座っているのを見つけました。さらにその近くには可愛い2匹の子猫の姿があったのです。

猫達出典:Brian Sheppard

ブライアンさんが急いで玄関の鍵を開けると、ソフィーが嬉しそうに走ってきました。そして、ソフィーはそのまま店の中に入って、美味しそうにご飯を食べ始めたのです。

「私は子猫達を呼んでみました。最初は警戒していた子猫達でしたが、3分ほどすると少しずつ近づいてきました。私は子猫達を保護して、ソフィーが待つ店の中に連れて行きました。」

ご飯猫出典:Brian Sheppard

ブライアンさんはソフィーと子猫達を動物病院に連れて行きました。そして、子猫達の里親さんを探し始め、無事にお店のスタッフが引き取ることに決まったそうです。

しかし、ソフィーにはまだ生涯の家がありませんでした。

お皿猫出典:Brian Sheppard

「私の妻は重度のアレルギーを持っていたため、猫との生活を望んでいませんでした。でもソフィーのことを話すと『猫と一緒に暮らせるか試してみるわ』と言ってくれたのです。」

「しばらくの間、妻のアレルギーが心配でしたが、今はとても良い状態です。そのため私達はソフィーを家族の一員として迎えることにしました。」

オウムと猫出典:Brian Sheppard

そして1年半後。ソフィーは今も健康で、幸せで、家族にとても愛されています。ソフィーはブライアンさんのことが大好きで、ブライアンさんがどこに行っても必ず後をついてきて、いつも嬉しそうに寄り添っているそうです(*´ω`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう