人生に、もふもふを。

飼い主さんが老人ホームに入り、別の家で暮らし始めた猫。ある日、施設のベンチに姿を現し、再び一緒に暮らし始める!

0

イギリスのサリー州ドーキングに住むナンシー・コーエンさんが老人ホームに引っ越すことになった時、8年間一緒に暮らしてきた愛猫の『クレオ』とお別れしなくてはなりませんでした。

クレオは街中を彷徨っていた時にナンシーさんに保護された猫でした。ふたりはお互いに愛情を注ぎ合い、最高の日々を送っていたのです。しかし、ふたりに別れの時がやってきました。ナンシーさんは涙を流しながら、クリオを知り合いの人に託したそうです。

しかし、クレオの方は別の考えを持っていました。なんとナンシーさんが施設に移った2週間後に、クレオはナンシーさんのいる施設に姿を現したのです。

愛猫

しかし最初は誰も、クレオが施設の住人と友達だとは気づきませんでした。

「ナンシーさんがここに来てから2週間後、この猫は施設の外のベンチで生活を始めました。それはとても奇妙でした」とスタッフのラウラ・コステロさんは言いました。

スタッフ達は猫が迷子だと思って、数週間の間、猫にご飯を食べさせました。しかし、しばらくすると猫がここに居続ける謎が解けたのです。

「ある日、スタッフの1人が猫を家族に迎えることにしました。するとナンシーさんが『その子、私の猫にそっくり!』と言ってきたのです。」

「そして、ナンシーさんは『私の猫は交通事故で尻尾の一部を失ってます』と言いました。そこでスタッフが猫の尻尾を確認すると、ナンシーさんの話とピッタリと一致したのです。その後、ナンシーさんの妹が来て、『間違いなくこの子はクレオです!』と明言したのです。」

猫と飼い主さん

クレオはナンシーさんとずっと一緒にいたくて、この場所を探し出したようです。もしかすると、ふたりの強い結びつきが、クレオをここまで導いたのかもしれませんね。

この話を聞いた施設のオーナーは、ふたりが一緒に暮らすことを特別に認めたそうです。ふたりはまた昔のように、同じ部屋で暮らせることができたのです(*´ω`*)

クレオ、大好きな人とまた一緒になれて本当に良かったね!

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう