人生に、もふもふを。

バルコニーに現れて、室内生活を始める決心をした猫。人間に心を開くと、最高に可愛い監督者であることが判明しました♪

0

今から1年以上前のこと、1匹のキジトラ猫が助けを求めて路上を彷徨い歩いていました。その後、セリーヌ・クロムさんの家に迷い込んだ猫は、バルコニーに登って地域猫達のために用意されていたご飯を食べ始めました。

猫は全身の毛が荒れていて、とても汚れていました。また猫は重度の感染症を患っていて、口を閉じることができなくなっていました。

保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』を運営しているセリーヌさんは、すぐに猫を助ける計画を立てました。

バルコニーに来た猫出典:Rescuechatonsmontreal

猫はこれまであまり人間と接したことが無かったようで、人間のことを非常に警戒していました。セリーヌさんはそんな猫の信頼を得るために、毎日たくさんのご飯を用意しました。

「猫はそれからほぼ毎日家に来るようになりました。そしてある日、私が捕獲器を設置すると、彼はまるで路上での生活に別れを告げる準備ができていたかのように、すぐに捕獲器の中へと入ってきました」とセリーヌさんが言いました。

その後、猫は身体の状態を診てもらうために動物病院へと運ばれました。猫はそこで多くの健康問題の治療を受け、FIV(猫免疫不全ウイルス感染症)の検査で陽性反応が出ました。また猫は口に多くの不快感を感じていることが分かりました。

猫は絡まって汚れていた毛をカットして、歯科手術で悪くなっていた歯を全て抜きました。そのおかげで猫は痛みを感じることなくご飯が食べられるようになり、食欲が急上昇しました。

「猫は歯がほとんど残っていないため、いつも舌が出ています。最初の頃の彼は非常に怯えていましたが、一度人間に心を開くと、信じられないほどの甘い性格の持ち主だと分かりました。」

施設のスタッフ達は猫に『ラッキー』と名付けました。ラッキーの推定年齢は7歳で、今までずっと野良猫として生きてきたようでした。「ラッキーは私達のことをとても怖がっていましたが、自分が安全だと分かると状況が変わり始めました。」

ラッキーはゆっくりと、しかし確実に威嚇の回数を減らしていき、養育主さんのことを信頼していきました。そしてラッキーはある日、自ら勇気を奮い立たせて人間の愛情を受け入れ始め、ついに自分の殻を破ったのです。

「ラッキーが心を開くと、身の回りの全てのものに興味を持つようになりました。また人間の気を引くようになり、人間をハグしながら大きな音で喉を鳴らすようになりました。」

好奇心が湧き出してきたラッキーは、人間が何をしているのかがとても気になるようになりました。そしてラッキーはいつの間にか、とっても可愛い『監督者』になったのです。特にラッキーは人間が食事をしている様子を熱心に観察して、何か気になることがある時は躊躇することなく話し掛けてきました。

最初の頃のラッキーは様々なことに怯えていましたが、今のラッキーは常に自信に溢れていて、一日の多くの時間を人間を観察しながら過ごしています。「ラッキーはとても頭が良く、人間とハイタッチする方法も編み出しました。またお腹が空くとボタンを押して、ご飯を要求するようになりました。」

ラッキーは午後の休憩時間を迎えると、身の回りのことを全く気にすることなくリラックスしながらくつろぎ始めます。その時もラッキーは舌を出しながら、愛らしい姿を見せてくれるそうです。

「私達がラッキーに話しかけると、彼はシャキッとした声で答えてくれます。彼はすっかり人間が安全な生き物だと分かっていて、会う人全てと友達になりたいと思っているようです」とセリーヌさんが話してくれました。

ラッキーは養育主さんの家で多くの猫達と友達になり、特に茶トラの『コナー』とは大の仲良しになりました。

現在、ラッキーが保護されてから1年以上が経ちましたが、その間にラッキーは大きな変化を遂げました。ラッキーは室内生活を心から愛していて、何不自由ない生活を送っているのです。

これからもラッキーはたくさんの愛情を感じながら、幸せいっぱいの日々を過ごしていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう