人生に、もふもふを。

雪の中で動けなくなっていたところを警察官に助け出された子猫。警察官の肩の上に登って、一緒に暮らそうと要求してきた

0

ある寒い日曜日の夜、警察官のマット・フロイセスさんが高速道路の近くで仕事をしていると、どこからか子猫の小さな鳴き声が聞こえてきました。気になったマットさんが声のする方に向かうと、1mほどの雪が積もった溝の中で、子猫が必死に助けを求めていたのです。

マットさんの位置からは子猫の姿は見えませんでしたが、子猫はマットさんが近づいてきたのが分かったようで、大きな声で鳴き始めました。「どうやら子猫は溝を横切っている最中に、岩の間に挟まって動けなくなってしまったようです」と警察署がFacebookに書き込みました。

マットさんは雪を掻き分けながら進み、子猫の元へと急ぎました。そして岩を動かして、幼い子猫を救い出したのです。マットさんは急いで子猫をパトカーの中へと連れて行き、冷たくなっていた身体を温め始めました。

子猫は雪の中から助け出してもらえたことが嬉しくて、マットさんにとても感謝しているようでした。子猫は保護されるとすぐに鳴くのを止めて、マットさんの腕の中から動かなくなったそうです。

マットさんは子猫を動物病院へと連れて行き、必要な治療を受けさせた後で、新しい里親さんを見つけようと考えました。

保護された子猫はマットさんの帽子に包まれながら、幸せそうな表情を見せてくれました。そして、嬉しそうな表情で喉をゴロゴロと鳴らし始めたのです。子猫はとても安心したようで、動物病院に着くまでの間、ずっとその場所で眠っていたそうです。

その後、獣医さんから健康証明書を受け取ったマットさんは、子猫の家を探し始めることにしました。

しかし、子猫の方は既に自分の家を決めていたようです。それは優しいマットさんの住む家でした。そこで子猫は床で仰向けになったり、肩の上に登ったり、腕の中に潜り込んだりしながら、マットさんに自分の気持ちを伝え始めたのです。

「マット巡査は深く考えた末、子猫の可愛いアプローチに『ノー』と言うことができなくて、子猫を家族に加えることに決めました。とっても愛らしい子猫は、無事に生涯の家を見つけることができました。」

マットさんは子猫に『ドーナツ』と名づけました。

ドーナツは保護から数日で室内生活に完全に順応しました。「他の子猫達と同じように、最初は新しい環境に緊張していたドーナツでしたが、今は新しい家族と一緒に快適な生活を送っています。」

ドーナツとマットさんはすぐに最高のパートナーになり、ドーナツは常にマットさんの後を追うようになりました。すっかりマットさんのことが大好きになったドーナツにとって、マットさんに抱っこされることが世界で一番幸せなことなのです♪

こうして寒さの中からマットさんに助け出されたドーナツは、無事に暖かい家で暮らすことができました。

ドーナツは毎日、優しいマットさんに抱っこされながら、最高の幸せを感じているのです(*´ω`*)
出典:PPDlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう