人生に、もふもふを。

衰弱した身体で保護されて、みんなの優しさで蘇った老猫。迷子の子猫達のお父さんになって、たくさんの愛情を注ぎ続ける

0

ある日、衰弱した老猫の『ラント』が路上での生活から助け出されました。ラントはずっと望んでいた安全な家を見つけると、困っている子猫達に温かい手を差し伸べ始めたのです。

長い間路上で暮らしてきたラントは、優しい人達に保護されて地元の保護施設『レイク・カウンティー・アニマル・シェルター』へと運ばれてきました。

保護されたばかりのラントは全身がひどく汚れていて、病気を患っていました。「ラントは体重不足で怪我を負っていて、重度の上気道感染症を患っていました」とスタッフのエミリーさんが言いました。

すぐに動物病院へと運ばれたラントは、そこで必要な治療を受けて、保護施設のスタッフ達によって看護が続けられました。そして数週間後、ラントは優しいスタッフ達のおかげで、養育主さんの家に行けるくらいまでに回復することができたのです。エミリーさんはラントをさらに回復させるために、自宅へと連れて帰ることに決めました。

「幸いなことにラントは先住猫達とも上手くいきました。彼は新しい家に着くと、1日も経たないうちに花を咲かせ始めました。」

その後、ラントは完全に痛みや不快感から解放されて、さらに輝き始めました。ラントは安全な家と美味しいご飯、そして猫の友達と一緒に過ごせることが嬉しくて、満足そうな姿をたくさん見せてくれるようになったのです。

ラントの養育を始めてから数週間後、エミリーさんはすっかりラントのことを手放せなくなっていました。「ラントはFIV(猫後天性免疫不全症候群)を患っていますが、毎日を元気に過ごしています。彼を診察した獣医さんは、彼が約14歳だと言っていました。彼はとても素直で落ち着いた性格の持ち主です。」

それから数日後、エイミーさんは助けが必要な1匹の子猫を自宅に連れて帰りました。するとラントがすぐに挨拶しにやって来て、自分の腕の中へと子猫を迎え入れたのです。

「ラントは衰弱した子猫のことをとても心配していました。彼は子猫をしっかりと毛づくろいして、全身を綺麗に保つようになりました。その姿はまるでお母さんのようでした。そんな彼の優しさのおかげで、子猫は危険な状態を脱し、無事に回復することができました。」

さらに数ヶ月後、今度は黒白子猫の『ドリー』がトラックのエンジンルームで見つかり、保護施設へと運ばれてきました。ドリーはそこで小屋の中から発見された『リース』という名前の子猫とペアになりました。

最初の頃のドリーはとても人間を怖がっていましたが、エイミーさんの家でラントに出会った瞬間から大きく変わり始めました。

ラントはすぐにドリーのところに向かうと、優しく挨拶をしてから毛づくろいを始めました。すると今まで怖がっていたドリーはすぐに警戒心を解いて、ラントの身体に頭を擦りつけると、嬉しそうに床の上を転がり始めたのです。

「現在のドリーはすっかり心を開いていて、愛情を求めてラントのところに走って行きます。ラントは家に来る全ての子猫達のお父さんのような存在になっています」とエミリーさんが嬉しそうに話してくれました。

ラントは今までずっと路上で生活してきたにもかかわらず、誰にでも優しく接します。特に困っている子猫達には、誰もが驚くほどの愛情を注ぎ始めるそうです。

その姿はまるで、ラント自身がエイミーさんにしてもらったことを子猫達に返しているかのようでした。きっと愛情いっぱいのラントはこれからも困っている子猫達に温かい手を差し伸べて、たくさんの子猫達を救い続けていくことでしょう(*´ω`*)
出典:gingeralfalfalovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう