人生に、もふもふを。

保護施設で不機嫌そうな顔をしていた猫。生涯の家で見せてくれた幸せいっぱいの変化に心がポカポカ温まる (*´ェ`*)♡

0

猫の『オーティ』は快適な家の中でいつも満足そうに喉を鳴らしていて、その姿を見ていると、オーティが以前生涯の家を探していた保護猫だったとは思えません。しかし、オーティは飼い主のアリッサ・キーリングさんと出会うまで、保護施設のケージの中で寂しそうに過ごしていたのです。

「オーティと初めて会った時、彼は明らかに落ち込んでいました。でも彼の心の中にはケージに収まりきらないほどの大きな個性が詰まっていました」とアリッサさんが言いました。

ケージの中で寂しそうにしていたオーティは、安心できる家の中で完全に生まれ変わることができたのです!

保護施設にいた時のオーティはいつも不機嫌そうしていて、訪れた人に友好的な印象を与えなかったため、ずっと里親さんが決まらない状態でした。でもアリッサさんはそんなオーティのことがとても気になり、すぐにオーティの本性を発見したのです。

「オーティが家に着いた時、それはまるでスイッチが入ったかのようでした。彼は命が吹き込まれたかのように、たくさんの愛情を示すようになりました!」

オーティの変化の様子はこちら。(動画)

オーティは完全に開花しました!

それは保護施設で不機嫌そうにしていたオーティのことを温かく迎え入れたアリッサさんのおかげでした。

オーティは現在、最高に居心地の良い家の中で楽しい毎日を送っていて、アリッサさんにいつも感謝の気持ちを伝えています。そしてアリッサさんもオーティに出会えたことに心から感謝しているのです。

「今のオーティはケージの中にいた時とは全く違って見えます。私は彼がここにいてくれること、そして楽しい時間を共有できることに大きな喜びを感じています。私は彼がいつも満足そうに過ごしていることに最高の幸せを感じています」とオーティさんが嬉しそうに話してくれました。

オーティの幸せそうな姿を見ていると、人間の愛情がどれだけ動物達に影響を与えるかがよく分かりますね(*´ω`*)
出典:henrysthoughtsthedodo

この猫の記事を友達にシェアしよう