人生に、もふもふを。

親のいない子猫達を温かく迎え入れたハスキー犬。まるで母親のように愛情を注ぎ、子猫達の人生を幸せいっぱいに変える

0

ある日、保護施設『ミニ・キャット・タウン・キトゥン・レスキュー』に、助けが必要な迷子の子猫達についての連絡が入りました。

「子猫達は夜遅くに私達の施設に運ばれてきました。子猫達は人工哺乳を必要としていましたが、施設内は保護した動物達でいっぱいになっていました」と保護施設のスタッフのトーア・ブイさんが言いました。

そこでトーアさんと妹は運ばれてきた子猫達を預かって、自宅で24時間体制の世話を行うことにしました。「子猫達は少し元気が無く、全身が汚れていましたが、それ以外に問題はありませんでした。」

4匹の兄弟はそれぞれ『アウディ』『テスラ』『フェラーリ』『ベントレー』と名づけられました。子猫達は家に着くとすぐにご飯を食べて、お風呂で全身を綺麗にすると、暖かいベッドの中で眠り始めました。

トーアさんの家には元々ハスキー犬の『リロ』が住んでいて、いつも子猫達が来るとすぐに子育てを手伝ってくれていました。リロは子猫達のことが大好きで、今までに多くの子猫達の世話をしてきました。リロはいつも興奮しながら子猫達を迎えているそうです。

「リロと出会った子猫達は、どうやらリロのことをお母さんだと思ったようで、真っ直ぐにリロの方へと向かってきました。」

4匹の中で一番勇敢なアウディは、快適さと温かさを求めて、早速リロの身体を登り始めました。それ以来、アウディは多くの時間をリロのそばで過ごすようになり、いつもリロの後を追いかけるようになりました。

とっても子煩悩なリロは、子猫達が周りにいると最高の幸せを感じます。リロは子猫達の鳴き声を聞くたびに駆け寄って、子猫達の様子を確認しているそうです。

またリロは子猫達の食事中もそばにいて、じっと子猫達の様子を見守っています。そして食事の時間が終わると、子猫達の全身を徹底的に毛づくろいしてあげるそうです。

リロは困っている子猫達への大きな愛情を持っています。一方の子猫達も優しいリロのことが大好きで、毎日一緒に過ごしながら全身で幸せを感じているのです。

もし子猫達がハグを必要としている時は、リロはいつまでも子猫達にピッタリと寄り添い続けます。リロはとっても気配りができ、まるで我が子を育てるかのように、子猫達にたくさんの愛情を注ぎ続けているのです。

4匹の子猫達は硬く結ばれていて、決してお互いのそばから離れることはありません。「子猫達はいつも一緒に冒険に出かけています。ほとんどの場合、フェラーリが先頭を歩いています。」

こちらはアウディが体重測定をしている時の様子です。どうやらテスラも容器の中で遊びたかったようで、一緒に入ってきてしまいました♪

その後もトーアさんの元ですくすくと成長を続け、4週齢を迎えた子猫達はキャットフードを試し始めました。「フェラーリとベントレーはすぐにキャットフードを食べ始めましたが、テスラとアウディはそれが本当に食べ物なのかを疑っていました。ふたりはキャットフードを食べるまでに時間がかかりましたが、何とか無事に食べられるようになりました」とトーアさんが話してくれました。

こうして新しい生活を始めた子猫達は、たくさんの愛情の中で幸せな人生をスタートさせることができました。子猫達はいつも家の中で楽しそうに遊びながら、元気いっぱいの毎日を過ごしているそうです(*´ω`*)
出典:minicattownlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう