人生に、もふもふを。

心臓病で余命半年と宣告された子猫。家族の愛情で寿命を延ばし続け、1年後に見せてくれた幸せそうな姿に心が温まる

0

子猫の『ミリー』は生まれた時からファロー四徴症という心臓病を患っていました。この病気は発作が起きると全身がけいれんし、その状態が長く続くと死んでしまうこともあります。そのためミリーは獣医さんに「長くても半年の命」と宣告されたのです。

ミリーは発作が起きなければ、普通の子猫と変わらないくらい元気に遊びます。

ご飯だってモリモリ食べます。

でもミリーは次第に息を切らせる回数が多くなっていきました。

しかしミリーは家族の助けも借りながら、危機的な状況を何度も乗り越えてきました。そしてついに余命宣告された6ヶ月の期間を過ぎたのです。

宣告された期間を過ぎたミリーでしたが、毎日のように激しい発作に襲われるようになりました。飼い主さんはフラフラの状態で息を切らすミリーの口に水を流し込み、一晩中看病を続けました。

そんな危険な状態が3週間も続きました。

しかしミリーは耐えました。そして3週間を過ぎた頃から、徐々に容態が安定してきたのです。

その間ずっと、同居する猫達全員がミリーのこと心配していました。そして弱々しいミリーに寄り添いながら、優しく看護を続けたのです。

そして、ついに1年が過ぎました。
半年の命と言われたミリーは、危険な時期を何度も乗り越え、1年が経った今でも元気に生きているそうです。

飼い主さんや同居猫達の献身的な看護、そしてミリー自身の「生きたい」という強い気持ちが、ミリーの命をここまでつないできました。幸いなことに今は非常に体調が安定していて、いつも楽しそうに過ごしているそうです。いつまた発作が起こるかは分かりませんが、これからも優しい家族がミリーのそばに寄り添って、精一杯支え続けていくことでしょう。
出典:ImightbeGrootlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう