人生に、もふもふを。

「アタシ、後ろ足で上手に立てるよ」前足に障がいを抱えた子猫。優しい家族に出会い、幸せに成長していく姿に心が温まる

0

ある日、路上から保護された子猫の『ラス』が、2匹の兄弟と一緒に地元の保護施設に運ばれてきました。施設のスタッフ達がラスの姿を見るとすぐに、身体に障がいがあることが分かりました。ラスは兄弟よりも身体がかなり小さく、ひとりだけ不思議な歩き方をしていました。

スタッフ達はラスの前足の肘関節が発達していないことに気づきました。その後、ラスは障がいのある子猫を専門に養育しているマーニーさんの家に移されることになりました。

ラスは前足を上手く使うことができませんが、本人はそのことを全く気にしていないようです。ラスは自分が他の猫と違っているとは全く思っていないのです。

ラスは人間をハグする時には前足を上手く使うことができます。オヤツの時間もこの通り。

そんなラスとの生活に幸せを感じたマーニーさんは、ラスをそのまま家族の一員として迎えることに決めました。

「ラスは獣医さん達の力も借りながら、普通の猫のように前足を使うことを学びました。きっとラスに初めて会う人は、ラスが歩いていないと前足の障がいには気づかないことでしょう」とマーニーさんが言いました。

ラスは幼い時からとても身体が小さく、体重は2.2kgほどしかありません。しかし、全身の毛がとてもフワフワしていて、実際よりもかなり大きく見えます。

ラスはとても社交的な猫で、会う人全てに優しく接します。またラスはマーニーさんが連れ帰ってくる保護子猫達にもたくさんの愛情を注ぎ、いつも養育の手伝いをしてくれているそうです。もしかするとラスは、自分がマーニーさんからもらった愛情を子猫達に返しているのかもしれませんね。

そして保護から8ヶ月後。
ラスは豪華な毛並みのフワフワの猫へと成長しました!

ラスはとっても思いやりのある愛情深い猫です。ラスはその愛らしい姿と優しさで、マーニーさんや家族にたくさんの恩返しをしているのです。

保護された時は非常に幼かったラスですが… (動画)

マーニーさんからのたくさんの愛情で、こんなに大きく成長することができました! (動画)

ラスの幸せそうな姿を見ていると、自然と心がポカポカしてきますね(*´ェ`*)
出典:little_roo_russlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう