人生に、もふもふを。

農場で独りぼっちになっていた、後ろ足に障がいを抱えた子猫。強い意志と優しい人達の愛情で、幸せな毎日を歩み始める

0

ある日、獣医さんの助けを必要としていた子猫の『メリダ』が農場で発見されました。この時のメリダの年齢は生後約2ヶ月半でした。メリダの話を聞いた保護施設『フォスター・ベビー・キャッツ』のジリアンさんは、メリダの元へと急ぎました。

メリダは脊髄に損傷を負っていて、負傷した後ろ足を動かすことができませんでした。ジリアンさん達はメリダが重傷を負ったのは、大きな家畜に踏まれてしまったからだろうと考えているそうです。

ジリアンさんはすぐにメリダを救急動物病院へと連れて行きましたが、診察を終えた獣医さんに「メリダを救うためにあなた達に出来ることは何も無い」と言われたそうです。

そんな状況にもかかわらず、ジリアンさんはメリダに生きるためのチャンスを与えたいと強く思っていました。

その後、ジリアンさんがメリダを助ける方法を探していると、子猫を専門にしている外科医のジャッキー・ホールドスワースさんに辿り着きました。「ジャッキーさんは私達と何度もやりとりをしてくれました。そして、メリダのケアに関することを細かく指導してくれて、彼女を助けるために必要な物資をたくさん送ってくれました」とジリアンさんが言いました。

メリダはジリアンさん達の適切なケアを受けながら、幸せな人生を歩むことを決意していました。

その後、何とかメリダが力を取り戻すと、家の中を活発に動き回るようになり、先住猫達を追いかけるようになりました。メリダは自分が他の猫と違っているとは思っておらず、毎日の暮らしに全ての力を使いながら過ごしていました。

「メリダは本当に強い意志を持った子猫で、諦めることなく前進し続けています。彼女は完全に後ろ足を使うことができませんが、そのことが彼女の行動を止めることはありません。」

保護から数ヶ月の間に、メリダは関節の動きなどを改善するために多くの治療を受けました。そしてメリダが初めて後ろ足に車輪を装着すると、家の中をエネルギー全開で動き回り始めました。

メリダは好奇心旺盛になり、先住猫達と一緒に家の中を探索するようになりました。そんなメリダがオモチャを発見すると、すぐに慣れた様子で遊び始めたそうです。

「メリダは後ろ足に装着した車輪で、上手く動き回ることができます。もちろん車輪はすぐに取り外すこともできます。彼女は寝返りを打ったり、ストレッチをしたり、段差を登ったり、他の猫に忍び寄ったりと、車輪をつけながら様々なことができ、車輪が彼女の動きを妨げることはありません。」

またメリダが車輪を外すと誰もが驚くほどの登山家になって、前足が届く全ての場所に登っているそうです。

「メリダは自分の人生を成功させる方法を探し続けています。障がいのある彼女にとって、毎日の暮らしが新しい冒険です。私は彼女が自分の人生を最大限に生きるための手助けをするためにここにいます。」

「メリダは私が初めて育てた麻痺のある猫で、私は多くの獣医さんとやりとりしながら、最適なケアの方法を学んできました。そして彼女が生後9ヶ月を迎える頃には、彼女が快適で幸せに過ごせるために、何が必要かが分かるようになっていました。」

ジリアンさんはこれまでに12人の獣医さんに治療の相談をしてきました。そんなジリアンさんの助けを借りてここまで来ることができたメリダは、今も自宅で磁気療法や光線療法を行なっていて、神経痛の薬を服用しているそうです。

メリダはとても勇敢で、いつも幸せそうで、自信に満ちたイタズラ好きの猫です。メリダは絶えず次にすることを計画していて、いつも自分がやりたいことの全てを実行し、ジリアンさん達を驚かせているのです。

「メリダの性格はここで暮らすようになってから完全に変わりました。最初の頃の彼女は身の回りで起こる全てのことを怖がっていましたが、今はとってもヤンチャで、他の猫と一緒に遊ぶのが大好きです。」

「今のメリダの好きなことはバルコニーで日光浴をしたり、家の中で他の猫を追いかけたり、ドアストッパーで遊んだり、車輪をつけて動き回ったりすることです。」

そんなメリダの成長をジリアンさんはずっとそばで見守ってきました。そしてメリダが何か新しいことが出来るようになるたびに、メリダのことをお祝いをしてきたそうです。

「メリダは私に麻痺した猫の世話の仕方や、成長を助けるための方法を学ばせてくれました。私は彼女が安心しながら暮らしていることに幸せを感じていて、彼女がここまで来れたことを誇りに思っています。」

「メリダは毎日、自分が丈夫で、恐れ知らずで、粘り強いことを私達に示してくれています。私達はこれからも彼女のことをしっかりとケアしながら、彼女がより良い人生を送れるようにサポートし続けていこうと思います」とジリアンさんが話してくれました。

こうして後ろ足が使えなくなっていたメリダは、ジリアンさん達の助けを借りながらここまで成長することができました。メリダはこれからもみんなの愛情を全身で受け取りながら、幸せな未来に向かって歩み続けていくことでしょう。
出典:FosterBabyCatslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう