人生に、もふもふを。

保護してもらえたのが嬉しかった子猫。助けてくれた女性から片時も離れられなくて、どこへ行くにもいつも一緒!

0

ある日、独りぼっちの迷子の子猫が路上で発見されました。子猫は体調不良で鼻がつまり、重度の感染症で目が開かなくなっていました。子猫はほとんど呼吸することができず、見ることができませんでした。

子猫を発見した人達はすぐに子猫を地元の保護施設へと連れていきました。しかし残念なことにその保護施設では、幼い子猫を世話する人がいませんでした。

そこで子猫を預かったスタッフは、別の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に連絡をして、子猫を育てることができるかを尋ねました。

「子猫は非常に衰弱していて、病気を患っていました。連絡をもらった私達は、急いで子猫の元へと向かいました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

『ビンクス』と名づけた子猫を連れて帰ったスタッフ達は、すぐに獣医さんのところに連れていきました。そこで必要な治療を受けたビンクスは、鼻から息ができるようになり、徐々に快方へと向かい始めたのです。

「ビンクスは目と鼻が綺麗になると、勢いよくご飯のお皿に飛び込んでいきました。」

ビンクスはお腹をいっぱいに満たした後、喉をゴロゴロと鳴らし始めて、助けてくれた人達の腕の中で丸くなったそうです。

その後、養育ボランティアのジェスさんがビンクスを預かり、安全な家の中で看護を始めました。ビンクスは処方された薬とたくさんの愛情で、僅か数日間で随分と回復することができました。

元気を取り戻してきたビンクスは、ジェスさんの膝の上に登って、そこが自分のベッドだと決めました。それ以来、ジェスさんが座るたびにビンクスが走ってきて、膝の上に飛び乗ってくるそうです。

ビンクスは日に日に回復していき、いつも物凄い勢いでご飯を食べています。ビンクスは好奇心が旺盛になり、イタズラ好きの子猫になりました。

また、すっかり人間好きになったビンクスは、常に誰かの注意を引こうとしてきます。ビンクスはとってもハグ好きの子猫で、出会う人全てに抱っこを要求してくるそうです。

「ビンクスは新しい環境でとても上手くやっています。彼は自分の気持ちを表現したり、誰かに自分のことを話すのが好きです。彼は常に人間と一緒にいたいと思っています。」

「今のビンクスを見ていると、数週間前まではほとんど動けなかったことが信じられません」とセリーヌさんが嬉しそうに話してくれました。

こうして独りぼっちで路上を彷徨い歩いていたビンクスは、優しい人達のおかげで新しい人生をスタートさせることができました。ビンクスはいつも大好きな人間に寄り添いながら、たくさんの愛情を返しているのです(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう