人生に、もふもふを。

人間が信じられなくなっていた保護猫。運命の人に出会った瞬間、力強く抱きしめて、そのまま最高の家族になる

0

ある日、猫の『シンフォニー』がワシントン州のアーリントンにある家から、46匹の猫達と一緒に救助されました。

多くの猫達を助け出した地元の保護団体は、いくつかの保護施設に連絡をしました。そして、保護された猫達の中から、出産を終えたばかりのシンフォニーと10匹の猫が保護施設『パーフェクト・パルス』へとやって来たのです。

施設に入った全ての猫には新しい家が必要でしたが、シンフォニーは以前の生活の影響で、人間のことが完全に信じられなくなっていました。

シンフォニーは人間の愛情の受け入れ方を知りませんでした。しかし、スタッフ達はシンフォニーがいつか心を開いてくれると信じ、施設で引き取ることにしたのです。

スタッフ達はシンフォニーを人間生活に慣らすために、一時的に別の場所で育てることに決めました。

「シンフォニーは受刑者達を更生させるために行われている『猫を人間生活に順応させるための更生プログラム』で育てられることになり、しばらくの間、受刑者と一緒に過ごしました。それは人間のことが信じられなくなっていたシンフォニーにとって、とても効果のあることでした」と施設のスタッフが言いました。

数ヶ月間の育成で、シンフォニーはついに里子に出る準備を整えました。その後、施設に戻ってきたシンフォニーは、スタッフのリアさんの家で過ごすことになりました。

「クリスマス休暇の数週間前まで施設に残っていた猫はシンフォニーだけでした。そのため私はしばらく施設を閉じることに決めて、12月19日に彼女を一時的に自宅に連れて帰ることにしました」とリアさんが言いました。

「私はシンフォニーを自宅に連れて帰る前に、彼女を世話した受刑者が書いた手紙を読みました。そこには彼女が受刑者達からどのように愛されていたか、さらに彼女の好きなオモチャのことや、彼女が遊び相手をとても欲しがっていることが書かれていました。私はその手紙を読んで、心が大きく揺さぶられました。そして、彼女には安心できる家が必要だと強く感じました。」

ちょうどその時、リアさんの夫のラリーさんがシンフォニーを迎えに来ました。すると初対面にも関わらず、シンフォニーがラリーさんの首に手を回し、嬉しそうに抱きついてきたのです。その様子を見たスタッフ全員が、「シンフォニーが新しい家族を選んだ!」と感じたそうです。

その後、リアさんとラリーさんはシンフォニーを引き取るための書類にサインをしてから、自宅へと帰りました。

こうしてリアさんの家で暮らし始めたシンフォニーは、快適な環境の中で完全に心を開きました。シンフォニーはすぐに自分の殻から出てきて、リアさんの家族や2匹の先住猫達と仲良くなったのです。

もうそこには人間を恐れていた、かつてのシンフォニーの姿はありませんでした。シンフォニーはいつも幸せそうに喉を鳴らしながら、大好きな家族にしっかりと抱きついているそうです。

「私達は長く険しい道のりを歩いてきた猫達が暖かい家を見つけ、家族に心を開いた時、心の底から喜びを感じます。そしてその喜びは、私達が保護活動を続けていくための大きな力になっています」と施設のスタッフが話してくれました。

こうして人間を信じられなくなっていたシンフォニーは人間の愛情を受け入れ、新しい家を見つけることができました。どうやらシンフォニーは、自分のことをずっと愛してくれる最高の家族に出会えたようです。

今まで辛い時期を過ごしてきた分、これからは優しい家族にたっぷりと甘えながら、幸せな毎日を送っていって欲しいですね。
出典:purrfect_palslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう