人生に、もふもふを。

トレーラーハウスの駐車場で、助けを求めて鳴いていた子猫達。保護されてからも常に寄り添い続ける姿に心が温まる

0

10月の上旬、トレーラーハウスの駐車場で、助けを求めて鳴いている2匹の子猫が見つかりました。「子猫達を見つけた人達は母猫が戻ってくるのを待ちましたが、結局母猫は姿を現しませんでした。そこで子猫達を保護して、私達のところに連絡してきました」と保護施設『アニマル・ルーバス・ドリーム・レスキュー』の養育ボランティアのアリソン・イルケンさんが言いました。

その後、アリソンさんのボランティア仲間のナージャさんが子猫達を預かり、昼夜問わず2時間おきにミルクを飲ませ、適切なケアを行いました。

子猫達はお風呂で全身を綺麗にして、たくさんのミルクでお腹を満たしました。子猫達は居心地の良い空間に安心して、寄り添いながら眠りに落ちていきました。

『レクシー』と『アメリア』と名づけられた子猫達は、いつも願いを叶えてくれる人がそばにいてくれることに幸せを感じていました。

子猫達は常に一緒にいて、何をやる時もふたりで行いました。ふたりの内のどちらか一方が歩き始めると、もう一方がすぐに後に続きました。

数週間の室内生活で飛躍的な成長を遂げた子猫達は、自分達の周りを探索するようになりました。その後、アリソンさんがナージャさんから養育を引き継ぎ、子猫達を自宅へと迎え入れました。

「子猫達は現在1ポンド(約453g)を超えていて、美味しいご飯をたくさん食べて順調に成長しています。ふたりは驚くほど仲が良く、とっても甘えん坊で、一日中一緒にいたくなるような愛らしい個性を持っています。」

子猫達はまだ小さいですが、抑えきれないほどのエネルギーで、いつも家の中を元気いっぱいに駆け回っているそうです。

アリソンさんはそんな子猫達に、飼い犬の『オリーブ』を紹介しました。

子猫達は幼い頃から人間に育てられてきたため、とっても人間好きで、いつも人間のことを追いかけているそうです。

「アメリアは甘えん坊な性格で、まだ哺乳瓶からミルクを飲みたがっています。レクシーはエネルギーに溢れていて、部屋中を探索したり、オモチャで遊んだりするのが大好きです。」

子猫達はいつも一緒に可愛いイタズラをして、何か伝えたいことがある時はアリソンさんのことを軽く前足で叩きます。また、いっぱい遊んで疲れると、いつも膝の上で丸くなって幸せそうに眠り始めるそうです。

「私はふたりが一緒に迎えられる日が来るのを楽しみにしています。ふたりはお互いのことが本当に好きで、いつも一緒の時間を過ごしています」とアリソンさんが嬉しそうに話してくれました。

こうして母猫と離ればなれになっていたところを保護された子猫達は、優しい人達のおかげで新しい人生を歩み始めることができました。子猫達は家猫生活を心から楽しんでいて、いつもお互いに愛情を注ぎ合っているのです(*´ω`*)
出典:tiny.paws.fosterslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう