人生に、もふもふを。

一度は離ればなれになった子猫の兄弟。優しい人達のおかげで再会を果たすと、幸せいっぱいの毎日を送り始める

0

ある日、野良猫のコロニーで常に一緒に行動している子猫の兄弟が発見されました。コロニーで猫達の世話をしていた男性は、このままでは子猫達が寒さに凍えてしまうと感じ、子猫達を保護することを決めました。

男性は最初、姉猫の『スノードロップ』を保護することに成功し、地元の保護施設『アレー・キャット・レスキュー』へと連れて行きました。幸いなことにスノードロップはすぐに養育主さんの家に行くことができたそうです。

さらに男性は弟の『ミスルトー』を保護するために再び元の場所へと戻り、何とか無事に保護することに成功しました。しかし、ミスルトーは病気を患っていて、片方の目がほとんど開けられない状態でした。

「ミスルトーは病気を患っていて、私達スタッフが24時間体制で看病を続けなければなりませんでした。彼は目の感染症と寄生虫で、とても無気力で衰弱していました」と施設のスタッフのブリアンナ・グラントさんが言いました。

ミスルトーが施設で看病されている間、姉のスノードロップは家の中での生活に順応しました。スノードロップはすぐに活発な女の子になり、養育主さんの気を引くために、部屋中をウサギのように飛び跳ねるようになったそうです。「スノードロップは太陽のような存在です! 彼女はとっても勇敢で、初めて出会った人も全く恐れません。」

しかし、スノードロップは弟のミスルトーがそばにいないことを寂しく思っていました。一方のミスルトーはまだ体調が回復しておらず、スタッフ達による24時間体制の看病が続いていました。

献身的なスタッフ達のおかげで、ミスルトーの病気は次第に回復していき、1週間後には目を開くことができるようになりました。またミスルトーは体重を徐々に増やしていき、日に日に力強くなっていったのです。

その姿を見たスタッフ達は、ミスルトーとスノードロップを再会させる準備が整ったことを理解しました。

スノードロップと再会する前に、ミスルトーは汚れていた身体をお風呂で綺麗にしました。ミスルトーはあまりお風呂が好きではありませんでしたが、最後まで不満を言わなかったそうです。

そしてついに子猫達は再会を果たしました!

ミスルトーは姉と再会した直後、少し戸惑った様子を見せました。しかし2〜3回鼻をつけるととっても安心したようで、以前のような関係に戻ったそうです。

「2時間も経たないうちに彼らはレスリングを始め、一緒に走り回るようになりました。」

子猫達はお互いに一緒にいられることが嬉しくて、いつも幸せそうに家の中を駆け回っているそうです♪

こうして優しい男性やスタッフ達のおかげで子猫達は無事に再会を果たし、以前のように一緒に暮らせるようになりました。その後、同じ里親さんの元へと旅立って行った子猫達は、生涯の家で幸せいっぱいに毎日を送っているそうです(*´ェ`*)
出典:alleycatrescuelovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう