人生に、もふもふを。

お互いに独りぼっちで保護された、おっとり子猫とヤンチャな子猫。保護先で深い絆を結び、生涯の家で幸せいっぱいに!

0

ある日、庭の真ん中で1匹の子猫が発見されて、より良い人生が送れるようにと地元の保護施設『レン・レスキューズ』に運ばれてきました。どうやら子猫は母猫が引っ越しをしている最中に、1匹だけ取り残されてしまったようです。

「子猫はその日、ずっと家の住人に見守られていましたが、母猫は二度と戻ってきませんでした。家の周りにはコヨーテが出ることがあったため、このまま屋外に置いておくのは非常に危険なことでした。そこで住人は子猫を保護して、私達の施設へと連れてきました」と養育ボランティアのアシュリー・ケリーさんが言いました。

子猫は『ダリ』と名づけられ、アシュリーさんの家で養育されることになりました。アシュリーさんがダリに哺乳瓶でミルクを飲ませてあげると、ダリは物凄い勢いでミルクを吸い始めたそうです。そしてお腹がいっぱいになるとアシュリーさんの手の中で丸くなって、ゴロゴロと喉を鳴らし始めました。

それから数日の間にダリの耳はピンと伸びて、全身の毛がフワフワになりました。

ダリはすぐにアシュリーさんのことが好きになり、アシュリーさんが部屋に入ってくるたびに甘えるようになりました。

「私はこれまでこんなに静かで、大人しい赤ちゃんを見たことがありません。ダリはあまり身体を動かそうとしないため、私はいつも食事が終わると運動を促しました。でも彼はすぐに丸くなって、私の膝の上で眠り始めました。」

アシュリーさんは子猫の成長に同じ年齢の友達が必要だということを知っていたため、ダリに別の場所で保護された子猫を紹介することに決めました。

実はダリが保護される少し前に『レミー』という名前の子猫が保護されていました。レミーはダリと同じように、庭で助けを求めているところを発見されました。

アシュリーさんがレミーを養育しているジェン・マーダーさんにダリの話をすると、ジェンさんはためらうことなくダリを受け入れることを決めました。

レミーはイタズラ好きの性格で、何か伝えたいことがあるとすぐに大きな声で鳴き始めました。レミーは保護された時は病気を患っていましたが、ジェンさんのおかげで数週間後には完全に身体を回復させたそうです。

レミーはいつもそばにいてくれるジェンさんのことをお母さんだと思っているようで、抱っこに満足するまでジェンさんを部屋から出そうとしませんでした。レミーはいつもジェンさんが来たことに気づくとすぐに甘え始めて、決して「ノー」と言わせませんでした。

レミーはいつもエネルギーに溢れていて、常に忙しそう動き回っていました。「レミーは哺乳瓶と格闘し、食事の前に哺乳瓶に登ろうとします。彼はとってもヤンチャな性格で、好奇心に溢れた男の子です。」

そんな元気いっぱいのレミーは、一緒に遊ぶことのできる友達を必要としていました。そしてレミーの健康問題が完全にクリアになると、ついにダリがレミーの家へとやって来たのです。

レミーはすぐにダリの周りを歩き回って、顔を軽く撫でて、新しい友達に挨拶をしました。一方のダリは最初、エネルギー全開のレミーにどう接すればいいか分かりませんでしたが、一緒に遊ぶことのできる仲間に出会えたことをとても喜んでいました。ふたりは自然とプロレスごっこを始めて、お互いに寄り添うようになりました。

「レミーは人間のハグが好きですが、それ以上にダリと遊ぶことが大好きです。ダリもレミーの後を追いかけるようになり、いつも遅れないように一生懸命についていっています。」

また、とっても食いしん坊のレミーは毎回ミルクの順番が待ちきれないようで、いつもダリの食事中にコッソリとミルクを飲もうとしてくるそうです。

こうして別々の場所で保護されたふたりの新しい生活がスタートしました。ふたりの人生は大変な始まりでしたが、最高の出会いを果たしたふたりは、切っても切れない絆で結ばれたのです。

その後、十分に大きくなったふたりは、一緒に生涯の家へと旅立っていきました。ふたりはお互いに思い描いていた夢を実現させることができたのです。

「ふたりは同じ家に行くことができて、とても嬉しそうにしていました。私達はふたりの旅立ちに寂しさを感じましたが、同時に喜びも感じました。」

迎えられた先で『チャーリー(ダリ)』と『アーサー(レミー)』に名前を変えたふたりは、すぐに新しい環境に落ち着きました。新しい家でもアーサーが最初に家の中の冒険を始めて、チャーリーがその後に続いたそうです。

きっとふたりはこれからもお互いに愛情を注ぎ合いながら、最高に幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:bruceandfoxfosterslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう