人生に、もふもふを。

側溝にしがみつきながら、必死に助けを求めていた子猫。溺れる寸前で保護されて翌日を迎えると、とっても嬉しい変化が!

0

ある日、レバノン共和国のベイルートに住む女性が子供と一緒に出かけていると、近くから助けを求める子猫の声が聞こえてきました。気になった女性がすぐに声のする方に向かうと、側溝の中でずぶ濡れになっている子猫の姿を発見しました。子猫は水に流されないように、必死にしがみついていました。

女性はすぐに地元の保護施設『アニマルズ・レバノン』に連絡をしました。

スタッフのラナ・エル・カリルさんは現場に急行して、女性と一緒に子猫を救出しました。しかし、子猫は長時間水に浸かっていたため、低体温でほとんど動けなくなっていました。

また、子猫は非常に痩せ細っていて、5週齢にも関わらず体重が190gほどしかありませんでした。

「私達が保護の直後にやったことは、凍りついた身体を温めることでした。また、地元の動物病院が休みだったため、これまでに何度も助けてもらったアメリカの獣医さんに、オンラインでアドバイスをもらいました」とラナさんが言いました。

オンライン上で子猫を診察した獣医さんは「子猫は栄養不足で衰弱しているため、夜を乗り越えられるか分からない」と言ってきました。しかし、ラナさん達はどんなに悪い状況でも、決して子猫の命を諦めませんでした。

「私達は弱った子猫のために、体に優しいご飯を用意しました。子猫はそれを2〜3時間おきに少しずつ食べました。」

そして保護から丸1日が経つと、子猫は何とか峠を越えて、食欲が少しずつ戻ってきたのです。

2日目が終わる頃には用意されたご飯を全て食べられるようになりました。子猫は全身に力が湧いてきたようで、誰かにご飯を取られないように、必死にご飯を守りながら食べていたそうです。

しばらくすると子猫はここが安全な場所で、もう食べ物のために戦う必要がないことに気づきました。その日以降、子猫は養育主のマギー・シャラワイさんの家で、リラックスした時間を楽しみ始めたのです。

救出から数日が経つ頃には子猫の全身に好奇心が溢れ、活発に動き回るようになりました。そして、すっかり甘えん坊になった子猫は、マギーさんが部屋に入ってくるたびに膝の上でゴロゴロと喉を鳴らすようになったのです。

「この子が命をつなぐことができて本当に良かった。私はこの子の強い生命力に、いつも力をもらっています」とマギーさんが言いました。

その後、子猫は『ジェシー』と名づけられました。

ジェシーはアルツハイマー病を患っているマギーさんの母親のことが大好きになり、いつも一緒にいるようになりました。「私の母はいつもジェシーに話しかけています。ジェシーも母のことが大好きで、いつもそばで話を聞いてくれています」とマギーさんが嬉しそうに話してくれました。

ジェシーはその優しい心で、周りの人達に元気を与える存在になったのです。

こうして側溝に落ちたジェシーは自分の運命と必死に戦い、みんなのおかげで元気を取り戻すことができました。救出された時は生きるのもやっとだったジェシーでしたが、たくさんのご飯と愛情で大きく変わることができたのです。

すっかり人間好きになったジェシーは、新しい里親さんの元へと旅立った後も、たくさんの幸せと元気を届け続けているそうです(*´ω`*)
出典:AnimalsLebanonlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう