人生に、もふもふを。

動けない猫を必死に守り続けていた犬。路上で一緒に発見されたふたりの深い絆に心を打たれる

0

ある日、アメリカのフロリダの路上で猫と犬が発見されました。連絡を受けて現場に駆けつけた保護施設のスタッフ達がふたりを保護しようとすると、猫を守るために犬が激しく吠え始めました。

実は猫は生まれた時から全ての足に障がいがあり、自由に動き回ることができませんでした。犬はそんな猫を必死に守ろうとしていたのです。

仲良しな犬と猫出典:Orlando Sentinel (ProjectPawsFL)

その後、スタッフ達によって無事に保護されたふたりは『ルース(猫)』、『イジー(犬)』と名づけられました。ふたりとも栄養状態には全く問題が無かったため、最近までどこかの家で世話をされていたことが分かったそうです。

保護されたふたりはとても仲が良く、いつも一緒の時間に過ごしています。イジーが新しいオモチャをもらうと、ルースと一緒にそのオモチャで遊び始めるそうです。

仲良しな犬と猫出典:Orlando Sentinel

州が管理する保護施設では犬と猫は収容場所が異なるため、本来ならふたりは別々のケージで育てられるはずでした。しかし、ふたりの話を聞いた保護団体『Project Paws』が、ふたりの暮らす場所を提供してくれることになったのです。

仲良しな犬と猫出典:Orlando Sentinel

仲良しなふたりは散歩する時も一緒です。イジーが散歩をする時はいつも、ルースを車椅子で引っ張りながら散歩しているそうです。

仲良しな犬と猫出典:ProjectPawsFL

驚くほど固い絆で結ばれたふたりは、いつも一緒に行動し、決して離れることはないのです。

ルースとイジーの様子はこちら。

スタッフ達はふたりが保護される直前まで世話されていたことから、誰かに見つけてもらえるように、わざと路上の目立つ場所に放置したと考えているそうです。

突然、路上に放置され、自由に動くことのできなかったルースはどんなに不安だったことでしょう…。そんな中、ルースを支え続け、守り続けたイジーの行動に心を打たれます。

イジーの身体にはどこも悪いところがないため、自由に好きな場所へと行くことができました。しかし、イジーは決してルースのそばから離れようとはしませんでした。イジーは自分の意思でルースと一緒にいることを選んでいるのです。
出典:ProjectPawsFLlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう