人生に、もふもふを。

困難な状況から救い出され、安全な暮らしに喜ぶ子猫達。優しい人達の助けを借りて病気を治し、幸せな毎日を送り始める

0

ある日、助けを必要としている2匹の茶トラの子猫が、田舎の町にある保護施設に運ばれてきました。その施設には子猫達を世話するスペースも、子猫達を養育する人もいなかったため、離れた場所で活動していた保護団体が手を差し伸べました。

「子猫達は私達が迎えに行くまでの数日間、優しい女性の助けを借りながら過ごしていました」と保護団体で養育ボランティアをしているロリ・ホワイトさんが言いました。

『フランシス』と『ジョニー』と名づけられた子猫達は、お互いに体重が非常に軽く、上気道感染症を患っていました。そんな状態にもかかわらず、子猫達は安全な環境に満足していて、ロリさんにとても感謝していました。

子猫達は目が荒れていて、獣医さんの元で治療する必要がありました。子猫達はすぐに目薬と抗生物質による治療を行い、柔らかいものが敷き詰められた快適な環境の中で美味しいご飯を食べ始めました。

「最初から子猫達はとてもフレンドリーな性格でした。そのため誰かが部屋に入ってくるとすぐに喉をゴロゴロと鳴らし始めました。また子猫達は抱っこされるのも大好きでした。」

そして数日後、子猫達は快方へと向かい始め、部屋の中で遊び始めました。

子猫達は前足が届く全てのところに登ろうとしました。フランシスはとても社交的で、全ての探索で先頭に立ちました。ジョニーはそんなフランシスの行動をマネしながら、いつも後に続きました。

美味しい食べ物と安全な環境、そしてロリさんからのたくさんの愛情で、子猫達は信じられないほどの進歩を遂げることができました。子猫達の瞳は輝きを取り戻し、元気いっぱいの姿を見せてくれるようになったのです。

そんな子猫達に会うために先住猫の『オードリー』が養育部屋にやって来ました。子猫達はすぐに好奇心を爆発させて、オードリーに向かって行きました。

オードリーは毎回ロリさんが連れてくる子猫達を優しく迎え入れて、たくさんの毛づくろいで愛情を伝えているそうです。

子猫達はロリさんとの生活でさらに人間のことが好きになり、常に人間が何をしているかを知りたがるようになりました。

「ある日の午後、私がクローゼットを整理していると、子猫達が興味津々で突撃してきて『お手伝い』をしてくれました。」

また子猫達は人間用のベッドを乗っ取り、部屋の隅々まで調査を行いました。今の子猫達はいつも元気いっぱいで、愛らしい個性を輝かせているのです。

「フランシスは人間の足や背中、タオルや椅子など、ありとあらゆるものに登りたいようです。ジャニーは少し大人しい性格ですが、ふたりともフワフワのボールを追いかけたり、私のベッドの上で飛び跳ねるのが大好きです。」

子猫達は優しい人達のおかげで、元気いっぱいの好奇心旺盛な子猫へと成長することができたのです。

「少し前までフランシスとジョニーは病気の身体で路上を彷徨い歩いていました。でも今のふたりは一日中楽しそうに過ごしていて、温かい愛情に溢れています」とロリさんが嬉しそうに話してくれました。
出典:dreaming_of_foster_kittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう