人生に、もふもふを。

難病を発症した弟を心配する兄猫達。弟のことを励ますかのように、いつまでもそばから離れようとしない姿に胸が熱くなる

0

ある日、難病の猫伝染性腹膜炎(FIP)を発症した猫の『むーくん』。この病気は猫伝染性腹膜炎ウイルスが原因で起こる病気で、致死率が99.9%とも言われています。

動物病院に入院しながら治療を続けたむーくんは、自宅へと戻ってきて、薬による治療を続けることになりました。幸い少しずつ元気を取り戻してきたむーくんですが、一緒に暮らす兄猫達とは接触できず、ケージの中で過ごしています。

丸くなる猫出典:うにむぎはちチャンネル

そんなむーくんのことを心配する兄猫達。むーくんのことを元気付けようとしているかのように、むーくんのそばから離れなくなりました。

心配する兄猫達出典:うにむぎはちチャンネル

治療を続けるむーくんと兄猫達の様子はこちら。(動画)

きっとむーくんはさらに元気を取り戻して、再び兄猫達と一緒に遊べる日が来ることでしょう。

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう