人生に、もふもふを。

後ろ足がねじれた状態で生まれた保護子猫。優しい人達のおかげで、4本足で駆け回れるようになった姿に胸が熱くなる

0

今から数週間前、後ろ足がねじれた状態で生まれた茶トラ子猫の『ルビックス』が、姉妹と一緒に保護されました。子猫達は家の中で新しい人生を送るために、地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に運ばれてきました。

「ルビックスは後ろ足が180度ねじれていて、足が反対の方向に動いていました。彼は前足と膝で歩いていました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

ルビックスは後ろ足が変形しているにもかかわらず、自分が他の猫と違っているとは思っていませんでした。「ルビックスは他の子猫達のように動物病院で羽のオモチャで遊んでいました。彼はとても甘くて優しい子猫です。」

ルビックスは誰かに注目されることが大好きで、いつでも遊ぶ準備ができていました。ルビックスは動くものは何でも捕まえて、いつも全力で遊んでいました。

保護施設のスタッフ達はルビックスがより良い人生を送れるように、整形外科専門の動物病院へと連れて行きました。その後、ルビックスを診察した獣医さん達は、ルビックスの後ろ足を手術で矯正するのが最適な方法だと判断しました。

「手術は早ければ早いほど良い結果が得られる可能性が高いと伝えられました。彼は成長するにつれて、腱の緊張によって後ろ足の状態が悪化していきました。私達は彼の生活を改善し、痛みを感じずに暮らせるように、あらゆることをする決心をしていました。」

そして手術から24時間後、ルビックスは前足で起き上がり、誰の助けも借りずに歩き始めました。「ルビックスは後ろ足を正しい方向に向けて最初の一歩を踏み出しました。」

ルビックスは4本足で動き回ることができてとても興奮していました。ルビックスは新たに手にした機動力を使って、部屋の隅々まで探索しようとしました。

「ルビックスの人生は手術のおかげで大きく変わりました。彼は手術から数週間の間、固定装置を装着し、後ろ足の変形を大幅に改善させました。彼の進歩は驚くべきものです。」

こちらが4本足で歩けるようになったルビックスの姿です。

歩く子猫出典:Rescuechatonsmontreal

ルビックスは足が使えるようになるにつれて好奇心が増していき、家の至るところでイタズラをするようになりました。ルビックスは後ろ足を上手に使いながら移動し、元気いっぱいに遊び回りました。

ルビックスは他の猫と遊んだり、おしゃべりするのが大好きです。ルビックスは養育主さんの家に住む全ての猫達と仲良くなって、大きなシッポを捕まえようと元気にはしゃぎ回っています。

「ルビックスは甘くて、いつも誰かを抱きしめたくて、とても遊び好きの子猫です。彼は幸い若くして手術を受けることができ、飛び跳ねたり駆け回ったりすることができるようになりました。」

現在、14週齢を迎えたルビックスは順調に回復を続けています。ルビックスはこれまでに辛い時期を経験してきたにもかかわらず、常に元気いっぱいで、いつも楽しい時間を過ごしているのです。

ルビックスの後ろ足はこれからさらに改善し、いつまでも安全な家の中で幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう