人生に、もふもふを。

路上から一緒に保護された母猫と子猫。決して壊れることのない強い絆で、ついにふたりの夢を実現させる!

0

今年の初め、養育ボランティアのアシュリー・モリソンさんの元に、助けが必要な猫の親子がやって来ました。母猫の『スカーレット』はとても臆病で、自分にそっくりの唯一の子猫の『スカウト』を必死に守っていました。

アシュリーさんは親子が静かに過ごせるように、親子だけの部屋を用意しました。そこにはたくさんの柔らかい毛布と美味しい食べ物があり、緊張していたスカーレットは徐々にリラックスしていきました。スカーレットはいつもスカウトのことを気に掛けていて、常にスカウトのそばに寄り添っていました。

「スカーレットはとても素晴らしいお母さんで、スカウトはお腹をふっくらさせた幸せな男の子です」とアシュリーさんが言いました。

その後、スカーレットが獣医さんの元で必要な治療を受けると、とても気分が良くなりました。そしてアシュリーさんが優しい人だと気づくと、ゆっくりと自分の殻から出てきて、アシュリーさんのことを信頼するようになっていきました。

スカーレットは保護された時から上顎の犬歯が無いため、少し不思議な愛らしい表情をしています。ちなみに犬歯が無くなった理由は分かっていないそうです。

その後、スカウトが成長するにつれて、スカーレットは心の中の子猫の部分が表に現れ始めました。スカーレットは子猫のようにオモチャで遊ぶようになり、寝床でもスカウトと一緒に遊ぶようになりました。

最初は臆病だったスカーレットですが、スカウトが部屋の中を歩き回るようになると、自分も一緒に部屋の中を探索するようになりました。

そして成長と共に好奇心が増してきたスカウトは、部屋の中を駆け回るようになり、高い場所に登るようになりました。また新しいものを見つけた時は、真っ先に調べに行くようになりました。そんなスカウトにつられてスカーレットも、部屋の中で活発に動き回るようになっていきました。

「スカーレットは初めの頃とは比べ物にならないほど自信に溢れ、スカウトと一緒に部屋の中で遊び回っています。」

アシュリーさんは親子がキャットツリーの上で抱きしめ合ったり、ピッタリと寄り添いながらくつろぐ姿をよく目にしました。親子は全てのことを一緒に行い、お互いのそばから離れることはほとんどありません。

「スカーレットとスカウトはいつも一緒にいます。スカーレットは人間に撫でられることが大好きになりました。一方のスカウトはとても社交的でヤンチャな子猫です。」

「私はとっても仲良しなふたりを離ればなれにすることはできませんでした。」

そんな愛らしい親子の姿に、ナイヤという名前の女性が恋をしました。ナイヤさんはすぐに親子を家族に迎えるための申請をして、無事に親子を家族に迎えることができました。

スカウトはまさにエネルギーの塊で、いつも新しい家の中を元気いっぱいに走り回っています。一方のスカーレットは、最初は新しい環境に戸惑いましたが、スカウトの元気そうな姿を見て、すぐに新しい環境に溶け込むことができたそうです。

ヤンチャなスカウトはいつもナイヤさんの膝に飛び込んだり、お母さんと一緒にレスリングをしたりしています。一方のスカーレットはナイヤさんに撫でられることに喜びを感じていて、もう既に家の中での生活にストレスを感じることはなくなったそうです。

こうして親子はアシュリーさんのおかげで新しい人生をスタートさせて、生涯の家に辿り着くことができました。親子は一緒にいられることに最高の喜びを感じていて、毎日を幸せいっぱいに過ごしているのです(*´ω`*)
出典:youngestoldcatladylovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう