人生に、もふもふを。

路上を彷徨い歩いていた、愛らしい寄り目の子猫。家の中での生活に喜びを感じ、幸せいっぱいの毎日を歩み始める!

0

愛らしい寄り目の子猫『ビッグルー』は、野良猫として路上を彷徨い歩いているところを発見されました。ビッグルーを見つけた家族は、他の猫と一緒に自宅へと連れて帰りましたが、家族が思っていた以上にビッグルーは健康問題を抱えていて、多くの助けを必要としていました。

その後、ビッグルーは地元の保護施設に運ばれました。ビッグルーは安全な場所での生活を望んでいましたが、ビッグルーのケージの前で止まる人は現れませんでした。

そんな中、地元で動物の救助活動を行なっているシャンタルさんがビッグルーのことを知り、保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に連絡をしました。

「私達はすぐにビッグルーに会いに行きました。シャンタルさんはその施設に残されていたほとんどの猫達を引き取って、新しい里親さんを見つけました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

セリーヌさんは動物病院に運ばれたビッグルーの元を訪れました。するとセリーヌさんはすぐにビッグルーがこちらを見ていることに気づきました。そしてセリーヌさんがビッグルーに近づくと、向こうの方から近づいてきて、まるで挨拶するかのように頭をケージの格子に擦りつけてきたのです。

ビッグルーは愛らしい寄り目で辺りを見渡してから、セリーヌさんに向かって話しかけてきました。「ビッグルーは最初からとってもハグ好きの子猫で、とってもフレンドリーな性格でした。」

その後、ビッグルーが必要な治療を受けると、養育ボランティアのマリー・ラインさんとルーシー・ラインさんが迎えに来ました。「ビッグルーはすぐに新しい家に馴染み、人間用のベッドとソファーを自分のものだと主張してきました。」

ビッグルーは最初からとても好奇心が旺盛で、遊ぶことが大好きで、犬のような性格をしていました。

「ビッグルーは人間のことが大好きで、いつも幸せそうにしがみついてきます。また好奇心が旺盛な彼は、部屋のクローゼットが開くとすぐに飛び込んでいって、楽しそうに調査を始めます。」

「ビッグルーは寝室のドアを常に開けたままにするように要求してきて、閉まっている時はすぐに鳴き始めます。」

ビッグルーは家に着いた時から人間の後を追いかけ始め、家の中で起こっている全てのことを知ろうとしていました。

「ビッグルーは寄り目のため少し不器用なところがありますが、他の猫と同じように登ったり走ったりと何でもすることができます。彼は遊びが大好きで、一度遊び始めるといつまでも遊び続けます。」

そんなビッグルーの姿を見ていたマリーさん達は、ビッグルーの無限のエネルギーを使い果たすための素敵なアイデアを思いつきました。

マリーさん達はビッグルーにハーネスをつけて、公園に散歩に出かけるようになりました。これでビッグルーは思いっきり遊ぶことができ、新鮮な空気や香りを楽しむことができるようになったのです。

「ビッグルーはマリーさん達と一緒に公園に行くのが本当に好きです。彼はまるで子犬のようで、散歩を思いっきり楽しんでいます。」

こうして野良猫だったビッグルーは野外での大変な生活に別れを告げて、保護先の家で新たな人生を歩み始めることができました。ビッグルーはたくさんのご飯と暖かいベッドのある今の生活に満足していて、新しい里親さんに出会える日を楽しみに待っているのです。

「ビッグルーは毎晩人間の近くで眠り、朝になるとキスをします。彼はとっても甘えん坊で、いつも幸せそうに喉を鳴らしています。きっと彼を家に迎える家族は、最高に幸せな毎日を送っていくことでしょう」とセリーヌさんが嬉しそうに話してくれました。
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう