人生に、もふもふを。

ある日、保護施設から1匹の老猫を迎え入れた女性。老猫の幼馴染を救うため、再び施設へと戻る

0

ある日、メリーランド州の保護施設に16歳の『マックス』と11歳の『モジョ』が連れて来られました。ふたりはとても仲の良い親友でしたが、施設側の方針で里親さんの負担を減らすために、それぞれ別の里親さんを探すことになったのです。そのため今までずっと一緒に暮らしていたふたりは別々のケージに入れられてしまいました。

こちらがマックスの姿です。

そして、こちらがモジョの姿です。

その後、猫を家族に迎えようと考えていた女性が施設を訪れ、モジョだけを引き取っていきました。女性はその時、マックスとモジョの関係を少しだけスタッフから聞いたそうです。

新しい家で暮らし始めたモジョでしたが、マックスと離ればなれになったことでずっと元気がありませんでした。しばらくの間どうしてだろうと考えていた女性でしたが、ある日大切な事に気づいたのです。

すぐに女性はマックスを引き取るために再び施設を訪れました。そして、ついに親友のふたりは再会を果たすことができたのです!

「モジョはとても素晴らしい家族でしたが、完全に心を開いてくれることはありませんでした。今日、彼らを再会させる事ができて本当に良かった」と女性が話しました。

こうして再び大親友のマックスと一緒になったモジョは、すぐに女性にも心を開き、大好きなマックスと一緒に幸せな毎日を送り始めたそうです。

幸せいっぱいのふたりの姿から、大切な家族や親友と一緒にいられることがどれほど幸せなことかが伝わってきますね(*´ω`*)
出典:mojo.the.catlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう