人生に、もふもふを。

道路脇で見つかった子猫。常に寄り添ってくれた姉妹のおかげで閉じていた目が回復し、ふたりで一緒に幸せな成長を続ける

0

ある日、保護団体『スパークル・キャット・レスキュー』に、生後1日も経っていない2匹の子猫についての連絡が入りました。「子猫達は道路脇で母親がいない状態で発見されました」と養育ボランティアのサラ・ケリーさんが言いました。

子猫達は誰かの世話と専門的な治療を必要としていたため、すぐに保護団体のスタッフ達が動き出し、子猫達を自分達の施設へと連れて帰りました。

「子猫達には母親がおらず、とても弱々しくて、危険な状態でした。」

サラさんは子猫達を引き取ると、24時間体制でミルクの世話を始めました。子猫達は居心地の良い保育器に安心すると、ミルクを飲んで眠りについたそうです。

「私達は子猫達に太陽と月を意味する『ソレイユ』と『ルナ』と名づけました。」

子猫達は最初からお互いのそばを離れずに、いつも一緒に過ごしていました。子猫達がどうして母親のいない状態で発見されたのかは誰にも分かりませんが、子猫達は助けが来るまで寄り添い続け、大変な時期を一緒に乗り越えたのです。

ルナは感染症のため片目を開けることができず、獣医さんによる治療が必要でした。一方のソレイユは決してルナから離れることなく、ルナのことを元気づけていました。

「ふたりの絆は非常に特別なものです。ルナが深刻な目の感染症と戦っている時、ソレイユは常にルナのことを守り、慰め続けていました。私達はその姿を見て、ふたりの絆がどれほど深いものかを理解しました。」

「ソレイユはいつもルナを抱きしめながら眠りました。ふたりはとても甘く、お互いのことをとても愛しています。」

そんな愛情深いソレイユのおかげでルナの目は快方へと向かい始めました。ルナの目は徐々に回復していき、ついに閉じられていた目が開き始めたのです。

「ソレイユは名前の通り太陽のように明るく、とても前向きな性格です。彼女は大きなゴロゴロ音を持っていて、毎日喉を鳴らし続けています。彼女はお腹を撫でられるのが好きで、毛布をこねる姿は私達を一瞬で笑顔にします。」

ソレイユはいつもルナのことを明るく照らしています。ソレイユは常に元気で、身の回りにあるもの全てに興味津々のようです。

「一方のルナは少し控えめな性格で物静かですが、困難な状況にも負けない強い意志を持っています。私達は彼女の額にある『金の月』のマークが大好きです。彼女はとても甘く、本当に魅力的な女の子です。」

子猫達がベッドから出て歩く練習を始めると、サラさんは子猫達をベビーサークルに移動させました。するとソレイユはこれから新たな冒険が始まることを伝えているかのように、ルナの肩に手を置いたそうです。

子猫達は新しい場所に興奮し、さっそく隅々まで探索し始めました。子猫達はお互いの姿が視界から見えなくなると、すぐにお互いのことを探し始めるそうです。

子猫達は一緒に遊んで、一緒に食べて、一緒に眠りにつきました。またサラさんが子猫達にテディーベアをプレゼントすると、子猫達はすぐに気に入ったようで、フワフワの足に一緒に寄り添い始めたそうです。

子猫達は現在3週齢でサラさんに見守られながらすくすくと成長しています。子猫達が里子に出られるようになるまでにはまだまだやることがたくさんありますが、毎日確実に成長を続けていて、出来ることが日に日に増えていっているそうです。

サラさんと保護団体のスタッフ達は子猫達が十分に成長したら、子猫達を一緒に迎えてくれる家族を探そうと考えているそうです。

こうして生まれて間もなく保護された子猫達は、サラさんの家で元気を取り戻すことができました。これからも子猫達はお互いに愛情を注ぎ合いながら、安全な家の中で幸せいっぱいの毎日を過ごしていくことでしょう(*´ω`*)
出典:kellyfosterkittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう