人生に、もふもふを。

生まれた時からの病気で、ずっと身体が小さいままの子猫。でも他の猫と同じようにひとりで何でもできることを証明する!

0

ある日、4週齢の5匹の子猫が野外で発見されて、保護施設『ミニ・キャット・タウン』に運ばれてきました。子猫達は誰かの助けを必要としていたため、養育ボランティアのソニアさんが自宅へと連れて帰りました。

ソニアさんが養育を始めた子猫達の中に、『ティナ』という名前のキジトラの子猫がいました。ティナは兄弟の中で一番小さな身体をしていましたが、この時はまだ気にするほどの小ささではありませんでした。

しかし子猫達が成長するにつれて、ソニアさんはティナが他の兄弟と違うことに気づき始めました。

「ティナが初めて家に来た日は、たくさんの冒険がありました。初めは少し内気だった彼女ですが、すぐに好奇心の塊になって、膝の上に数分座ると甘い子猫へと変身しました」とソニアさんが言いました。

それから2週間、ティナ以外の4匹の子猫(マービン、アレサ、ダイアナ、ニーナ)は順調に成長していきましたが、ティナだけはほとんど成長しませんでした。

「この頃になると、ティナは他の兄弟と大きく違って見えるようになりました。彼女は頭が兄弟よりも横に長く、全身の骨が明らかに短く見えました」と保護施設のトーア・ブイさんが言いました。

しかしティナは小さな身体にもかかわらず、他の兄弟と同じように、全てのことができると主張してきました。ティナはオモチャで遊び、兄弟と格闘し、昼寝の時はみんなに寄り添いながら眠りにつきました。

「ティナはとても甘く、みんなといる時間を楽しんでいます。彼女の好きなことは、近くにいる人や猫達と一緒に過ごすことです。」

その後、ティナの兄弟はティナの大きさの2倍になりました。そのため兄弟がティナに寄り添うと、ティナが包まれているように見えたそうです。

ティナは動物病院で身体を隅々まで調べてもらい、正式に診断書を受け取りました。「ティナは骨軟骨異形成という疾患が原因で、ドワーフィズム(小猫症)を発症していることが分かりました。彼女のような状態になるのは非常に稀なことです。」

ティナの身体は小さいですが、その小ささを大きな個性が補っています。

「ティナはとても好奇心が旺盛で、常に周りにいる人や猫達が何をしているかを知りたがっています。彼女はボールやネズミのオモチャで遊ぶのが好きで、いつもそれらを器用に捕まえています」とソニアさんが言いました。

またティナが追いかけっこをしている時は、身体の大きな兄弟に追いつくために全力で駆け回っているそうです。

「ティナは最近、以前よりも高いところに登れるようになり、飛び跳ねるのが上手くなりました。彼女はいつも新しい世界を見つけるために探索に出かけ、理想的な膝を見つけると何時間もその上で過ごします。」

ソニアさんは高い場所が好きなティナのために、室内に階段を作って、さらに高いところまで登れるようにしてあげました。

そんな冒険好きのティナですが、やっぱり一番好きなのは人間のハグで、いつも遊び疲れるとソニアさんのところに戻っていくそうです。

「今のティナはとても健康に過ごしていますが、これから先に何かの障がいが出る可能性があります。そんな彼女のために私達は、生涯にわたって特別なケアをしてくれる家族を見つけようと思っています」とトーアさんが話してくれました。

ティナは現在、最高のケアを受けながら、日々進歩を続けています。ティナはいつも好奇心に溢れていて、常に膝の上で丸くなるチャンスをうかがいながら、幸せな毎日を過ごしているのです(*´ω`*)
出典:minicattownlovemeow (lovemeow)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう