人生に、もふもふを。

衰弱した状態で保護され、子猫を出産した母猫。唯一生き残った我が子に寄り添い続け、たくさんの愛情を注ぎ続ける

0

ある日、ワシントンの街で妊娠中の野良猫が見つかりました。その後、保護施設『ヒューメイン・レスキュー・アライアンス』へと運ばれた猫は、栄養不足でとても痩せ細っていました。保護されてすぐに出産を迎えた猫でしたが、合併症を患い、お腹にいた子猫のうちの1匹しか生き残らなかったそうです。

養育ボランティアのスージーさんは猫の親子の世話を引き受け、母猫に『シャウナ』、子猫に『シェーン』と名づけました。

シェーンを出産したシャウナでしたが、最初の3週間はミルクを出すことができませんでした。そのためスージーさんが人工哺乳で、2〜3時間おきにミルクを飲ませ続けたそうです。

「自分の子供にミルクを飲ませることのできないシャウナの姿を見て、私は胸が苦しくなりました。私は彼女とチームを組んで、一緒にシェーンを育て始めました。」

しばらく体調が優れなかったシャウナでしたが、獣医さんから処方された薬で徐々に回復し始めました。シャウナは薬を飲んで身体を休め、少し気分が良くなると、すぐにシェーンの世話を始めるそうです。

シャウナが体調を崩している間、スージーさんがシェーンの毛づくろいをしていましたが、シェーンは決して喉を鳴らしませんでした。しかし、シャウナが毛づくろいを始めると、すぐにシェーンが喉を鳴らし始めたそうです。

それから数日間でシャウナは日に日に元気を取り戻し、母性本能が強くなっていきました。シャウナはシェーンにたくさん話しかけるようになり、シェーンを抱きしめながら眠りにつくようになりました。

さらにシャウナは体重を増やし、子育てに全ての力を使えるようになりました。シャウナは毎日シェーンを定期的に毛づくろいして、全ての要求に答えているそうです。

またシャウナは家のあらゆる場所でシェーンに寄り添いました。シャウナはシェーンが少し遠くに行くと、すぐに走って行って、安全な場所へと咥えて運ぶそうです。

「シャウナは常にシェーンに気を配っています。彼女はご飯の時間が来ると、シェーンを私のところに連れて来て、私のことをじっと見つめてきます。そして私がミルクを与え終わると、すぐに私の手からシェーンを引き取り、ふかふかのベッドで毛づくろいを始めます。」

そしてシェーンが生まれて3週間後、シャウナはミルクが出せるようになりました。シャウナの身体は完全に回復し、シェーンの世話を全てひとりでできるようになったのです。お母さんのミルクを飲み始めたシェーンは、自然と哺乳瓶からミルクを飲むのをやめたそうです。

その後、シェーンが離乳食を食べ始めると、シャウナはシェーンにオモチャで遊ぶ方法を教えました。

「病気を乗り越えたシャウナは、お母さんとして開花しました。彼女は好奇心も旺盛になり、元気いっぱいに暮らしています。」

「私は親子がずっと一緒に暮らせるように、彼らを一緒に引き取ってくれる里親さんを探そうと考えています。彼らとても甘くて、毎日を楽しんでいます。彼らは容姿もよく似ていて、本当に可愛い親子です。」

「また、シャウナは人間に頭突きをするのが大好きで、誰かがそばにやって来ると、すぐに膝の上に飛び乗って丸くなります。私は愛らしい親子の姿にいつも心が温められています」とスージーさんは嬉しそうに話してくれました。

こうして人間との生活を始めたシャウナとシェーンは、もう避難場所や食べ物を心配する必要ありません。親子はこれからもお互いに寄り添い続けながら、大きな音で喉を鳴らし続けていくことでしょう(*´ω`*)
出典:dcfostermomsusielovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう