人生に、もふもふを。

独りぼっちが寂しくて、ずっと鳴き続けていた迷子の子猫。保護先で出会った子猫のおかげで、毎日が幸せいっぱいに

0

先月、『サンシャイン』という名前の子猫が、保護施設『セービング・グレイス・レスキュー』へとやって来ました。その後、養育主さんの家に移ったサンシャインは、安全な家の中に幸せを感じて、一瞬でハグ好きの子猫へと生まれ変わりました。

サンシャインは家の至る所で養育主さんの後を追いかけて、膝の上を独り占めし、ひとりになることを拒否しました。養育主さんはサンシャインに先住猫を紹介しましたが、サンシャインは自分と同じくらいの年齢の友達を必要としていました。

それから約2週間後、養育主さんは助けを必要としている別の保護子猫についての連絡を受けました。

その子猫は3週齢の茶トラの子猫で、シッポに怪我を負っていました。保護施設のアンバーさんはためらうことなく子猫を受け入れ、怪我を治療し、完璧な家を紹介しました。そこはサンシャインを養育していたジョイスさんの家でした。

『チェダー』と名付けられた子猫はジョイスさんの24時間の看護によって、すぐに体重と強さを増やし始めました。またチェダーはシッポの怪我を完治させ、家の中の探索を始めました。

まだ甘え盛りのチェダーは片時も独りぼっちになりたくなくて、ジョイスさんに抱きしめてもらうまで、ずっと大きな声で鳴き続けていたそうです。

ジョイスさんは治療を終えたチェダーをサンシャインに会わせてみました。するとチェダーの声を聞いたサンシャインが、すぐにチェダーの元へと駆け寄って来て、友達になることを主張し始めました。

サンシャインはチェダーの後ろをついて回り、頭を優しく撫でて、遊びに誘いました。一方のチェダーもサンシャインのことが気になって、近くで過ごすようになりました。それから1日も経たないうちにふたりは兄弟のように仲良くなって、まるで今まで一緒にいたかのようにお互いに寄り添い始めました。

「ふたりはお互いに独りぼっちだったため、兄弟ができたことをとても喜んでいるようでした。ふたりはいつも一緒に遊んで、一緒に眠りにつきます」とジョイスさんは言いました。

まだ身体の小さなチェダーですが、いつもサンシャインと一緒にレスリングを楽しんでいます。そして、ふたりは毎日たっぷりと遊ぶと、お互いに寄り添いながら夢の世界へと旅立っていくそうです。

現在、チェダーはサンシャインと同じように容器からご飯を食べる方法を学んでいて、ジョイスさんに見守られながら着実に成長を続けているそうです。

「ふたりは同じ保護施設から来ましたが、年齢は約2週間ほど離れています。ふたりはこの家に来た時から、たくさんの愛情を持っていました。」

ふたりはこれからもお互いに愛情を注ぎ合いながら、すくすくと成長していくことでしょう。そして、ジョイスさんに優しく見守られながら、幸せな家猫生活を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:savinggracerescuelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう