人生に、もふもふを。

お腹の赤ちゃんのために、勇気を出して家の中に足を踏み入れた野良猫。人間の優しさに心を開き、幸せな毎日を送り始める

0

今から約1ヶ月前、シアトルで保護活動を行なっているアシュリー・モリソンさんの元に、助けが必要な猫についての連絡が入りました。

「猫は元々、野良猫のコロニーで暮らしていて、人間に対して臆病でした。しかし、猫はアパートに住む一人の女性と徐々に仲良くなっていき、何度もアパートを訪れるようになりました」とアシュリーさんは言いました。

猫はいつもアパートの外にいましたが、ある晩突然家の中へと入ってきて、そこで滞在することを決めました。そして1時間後、猫はテーブルの下で5匹の子猫を出産しました。

女性は猫の親子を助けるために、すぐにアシュリーさんに連絡をしました。その後、女性から親子を引き取ったアシュリーさんは、自宅の静かな部屋へと親子を連れて行きました。しかし、母猫は慣れない環境を怖がって、家の中から逃げ出そうとしました。

「猫はあまり人間に慣れていませんでした。そのため彼女は混乱して、壁を必死に登ろうとしました。」

それから丸一日、『モイラ』と名づけられた猫は室内でアシュリーさんのケアを受けました。するとモイラは少しずつ落ち着いてきたようで、ご飯を食べ始め、身体を撫でさせてくれるようになりました。

「モイラが快適に過ごせるようになるまでには、それから何日もかかりました。」

しかし数日が経って随分と落ち着いてきたモイラは、アシュリーさんに一度お腹を撫でられると、さらに撫でて欲しそうにしてきました。モイラはより多くの愛情を求めて、アシュリーさんに擦り寄りながら甘えてくるようになったのです。「私が彼女を撫でていると、幸せそうに目を閉じます。そして私が撫でるのを止めると、彼女はアゴで私の手を撫で始めます。」

マイラはアシュリーさんが用意してくれた特別なネコハウスにとても満足していました。それは猫が出入りするために丁度良い大きさの穴が空いた、小さなバスタブでした。そこには親子が安心できるように、暖かい毛布が敷かれていました。

「私は少し薄暗くて小さな空間が、新しい環境に慣れていないマイラを落ち着かせるために最適な場所だと考えました。もし彼女が広い部屋で過ごしていたら、きっと子猫達を安全に保つために、いつまでも物陰に隠れていたことでしょう。」

そして保護から数週間後、臆病だったマイラは柔らかい毛布をこねながら、喉を鳴らすようになりました。さらにマイラはバスタブから出てくるようになって、アシュリーさんにたくさんの愛情を求めてくるようになったのです。マイラは嬉しそうにアシュリーさんに寄り添いながら、愛らしい声で話し掛けてきました。

その後、子猫達が歩けるようになると、アシュリーさんはリビングに親子を連れて行き、自由に歩き回れるようにしました。「子猫達は遊ぶことを学び、もっと離れた場所を探索したくて、おぼつかない足取りで遠くまで歩いていくようになりました。」

「一方のモイラは毛布をこねることを止めようとしません。その姿から彼女がどれだけ幸せかが伝わってきます。」

「今から数週間前、妊娠中のモイラは家の外で眠り、食べ物を探しながら暮らしていました。でも優しいアパートの住人に出会った彼女は、お腹の中の赤ちゃんのために慣れない環境へと足を踏み入れました。」

現在、親子はいつもお腹を満たしていて、暖かくて、愛されていて、幸せを感じています。モイラはもう子猫達を抱えながら、再び外で暮らす必要はないのです。

「モイラはまだ芝刈り機のような大きな音を聞くと物陰に隠れますが、私が話し掛けるとすぐに落ち着きを取り戻します。」

「私は彼女の進歩を見続けられることに、とても喜びを感じています。彼女が子育てを終えた後、再び子猫のように甘えられるような、素敵な家族を見つけることでしょう」とアシュリーさんは嬉しそうに話してくれました。

こうしてお腹の赤ちゃんのために慣れない環境に足を踏み入れたモイラは、人間の優しさに心を開くことができました。これからもモイラは安全な家の中で、優しい家族にたくさん甘えながら、幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:youngestoldcatladylovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう