人生に、もふもふを。

中古住宅を購入した女性。引っ越しの最中に何度も同じ猫と遭遇し、この家が『猫付き物件』だったことに気がつきました!

0

最近家を購入したジゼル・ボダン・リヨンズさんは、さっそく古い家から新しい家へと荷物を運び始めました。ジゼルさんの引っ越し先は古い家からあまり離れておらず、約20分ほどの距離にありました。そのためジゼルさんはなるべく自分の車を使って、ゆっくりと荷物を移動させることに決めていました。

そして、ジゼルさんが2回目の荷物を運んでいる最中に、新しい家に住むのが自分一人ではないことに気づいたのです!

もう一人の住人はガレージの辺りをブラブラしていた猫でした。猫は既にその家が自分のものだと決めているように見えました。

「私は家を買ったばかりですが、どうやらその家には猫も付いていたようです。私は猫のことを誰からも聞いていませんでした。まだ家の中にはソファーもありませんが、不思議なことに猫はいます」とジゼルさんは言いました。

ジゼルさんは地元の動物保護団体でボランティアをしているため、猫が現れてもそれほど驚くことはありませんでした。ジゼルさんは念のため、その猫が『通りすがりの猫』か『この家に住んでいる猫』かを確認することにしました。

一方の猫もジゼルさんが現れても全く驚かず、ガレージの辺りを慣れた様子でウロウロしていました。

そんな愛らしい猫の姿を気にしながら、ジゼルさんは家の中に荷物を運び込みました。そして万一に備えて、猫のために食べ物と水を置いておくことにしました。

それ以来、ジゼルさんが新しい家に来るたびに、毎回同じ猫に出会いました。

猫がこの家に住んでいることは明らかでした。

ジゼルさんはまだ新しい家では暮らしていませんが、引っ越しが完全に終わったら、最後にもう一度だけ猫がこの家に住み着いているかを確認するそうです。そして、もし本当に住み着いていたら、猫を正式に家族に迎えようと考えているそうです。

きっとふたりはこれから先も上手くやっていくことでしょう。そして、お互いにこの家を所有しながら、楽しい毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:myhousenotmycatthedodo

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう