人生に、もふもふを。

独りになるのが寂しくて、毎日大きな声で鳴き続けていた保護猫。迷子の子猫と出会った瞬間、最高に幸せな毎日が始まる!

0

ある日、ニューヨークの保護施設『ファジー・バット・レスキュー』に生後7ヶ月の保護猫が運ばれてきました。施設で『マウス』と名づけられた猫は、とても内気な性格で慣れない環境に戸惑っていました。

その後、養育主さんの家で過ごすことになったマウスでしたが、独りになるのが寂しくて、毎日大きな声で鳴き続けていたそうです。

そんな中、里親を必要としている1匹の子猫が路上から保護されました。子猫を受け取った施設のスタッフ達は、子猫がとても社交的で好奇心が旺盛なことにすぐに気づきました。

スタッフ達は子猫をマウスに会わせてみることにしました。

その後、養育主さんの家でふたりが出会うと、マウスはすぐに鳴き止んで、子猫に夢中になりました。マウスはすぐに子猫を抱きしめ、子猫の後を常に追いかけるようになったのです。

「マウスは子猫と出会えたことをとても喜んでいました。ずっと友達を必要としていたマウスは、まさに子猫に一目惚れでした」と保護施設のニッキさんは言いました。

マウスは子猫を世話することを強く主張し、片時も子猫から目を離そうとしませんでした。そして数日後、『サゾン』と名づけられた子猫がマウスを受け入れると、ふたりの絆は急速に深まっていったのです。

たとえサゾンがマウスをもみくちゃにしても、決してマウスは怒ったりせず、たくさんの愛情をサゾンに注ぎ続けました。

また元気いっぱいのサゾンの姿を見て、マウスの中の子猫の部分が目を覚ましました。マウスはサゾンと一緒に夢中で遊ぶようになり、さらにふたりの絆は深まっていったのです。

マウスはサゾンのお兄さん的な存在で、サゾンが何かに困っている時は、いつもマウスの方に目を向けます。ふたりは常に近くにいて、決してお互いから遠く離れることはないのです。

その後、マウスのおかげですくすくと成長したサゾンは、すっかり大きくなりました。サゾンは大人の猫へと成長し、マウスのサイズに追いつきました。

「ふたりは別々の場所で保護されて、すぐに兄妹の絆を結びました。それ以来、ふたりが離れることはありません」とニッキさんは嬉しそうに話してくれました。

こうしてマウスはサゾンのおかげで寂しさから解放され、サゾンはマウスのおかげ大きく成長することができました。これからもふたりはお互いに愛情を注ぎ合いながら、いつまでも幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:fuzzybuttrescuelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう