人生に、もふもふを。

農場の切り株の中で独りぼっちで鳴いていた子猫。保護先で迎えてくれた優しい犬のおかげで、幸せいっぱいの毎日が始まる

0

5匹のペットと一緒に暮らしていたモーガンさんは、これ以上新しい猫を家族に迎えるつもりはありませんでした。しかしある日、1匹の幼い子猫がモーガンさんの家にやって来ました。

今から数ヶ月前のこと、モーガンさんは農場から聞こえてくる子猫の声に気づきました。「私達はすぐに子猫を探し始めましたが、農場の裏は深い林になっていて、子猫を見つけることができませんでした」とモーガンさんは言いました。

「その後、私達は愛猫を連れて戻ってきました。すると愛猫はすぐに匂いを嗅ぎながら林の中を進み始め、切り株の中にいた幼い子猫を発見しました。」

モーガンさん達は母猫が近くにいるかもしれないと思い、遠くの方から子猫の様子を見守ることにしました。しかし、それから数時間が経っても母猫は姿を現しませんでした。

「母猫を待っているうちに、辺りはすっかり暗くなってしまいました。この農場にはたくさんのキツネが住んでいるため、私達は子猫をその場に残しておくことができませんでした。子猫はまだあまり物を見ることができず、全身がノミで覆われていました。」

モーガンさん達は子猫を自宅に連れて帰って『ポリー』と名づけ、お風呂で全身のノミを取り除きました。その途中、12歳の愛犬の『パクストン(愛称:パックス)』がポリーの鳴き声を聞いて、調査しにやって来ました。

お風呂の時間が終わると、パックスはすぐにポリーを連れていき、優しく世話を始めました。ポリーは温かいぬくもりを感じて、パックスの毛の中に頭をうずめました。そしてピタッと鳴くのを止めて、パックスに寄り添いながら眠りについたのです。

ポリーは再び独りぼっちになりたくなくて、パックスから決して離れようとはしませんでした。

モーガンさんはポリーが離乳するまでの3週間、一日に何度も哺乳瓶でミルクを飲ませました。パックスはいつもポリーのそばで待機しながら、ミルクを飲み終えるのを辛抱強く待っていたそうです。

そして食事の時間が終わると、パックスはすぐにポリーに飛び込んで、嬉しそうに毛づくろいを始めました。「パックスはポリーが自分で毛づくろいをする前に、ポリーについた全てのミルクを綺麗にしました。」

そんな優しいパックスのことが大好きなポリーは、家の至るところでパックスの後を追いかけているそうです。

少し前まで迷子だったポリーですが、パックスや家族のおかげで大きく変わりました。今のポリーは好奇心に満ち溢れていて、いつも家の中でたくさんのハプニングを巻き起こしているそうです。

そして出会った時からいつも一緒のポリーとパックスは、完全に切り離すことのできない存在になりました。「彼らは毎日一緒に寝て、一緒のオモチャで遊んでいます。ポリーは驚くほどの速さで走り、飛び跳ねるのが大好きです。」

ポリーは現在5ヶ月で、パックスは13歳です。ふたりの絆は今も日に日に深まっているそうです。

こうして切り株の中から発見されたポリーは、迎えられた家で最高の出会いを果たし、幸せな人生を歩み始めました。これからもポリーはパックスや家族にたくさん甘えながら、元気いっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:pollyandpaxlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう