人生に、もふもふを。

ハスキー犬に死の淵から救い出された猫。たくさんの愛情で元気を取り戻し、今ではすっかり家族の一員に!

0

ある日、瀕死の子猫の『ロージー』が保護されて、ハスキー犬の『リロ』の暮らす家へとやって来ました。歩くこともできなかったロージーの姿を見たリロは、飼い主さんと一緒に献身的な看護を始めました。

保護された日はぐったりとしていたロージーでしたが、リロの愛情のこもった看護のおかげで、1週間後にはリロの頭の上を歩けるまでに回復することができました。

まだ幼いロージーにはお母さんのミルクが必要でした。ロージーはお腹を空かせると、いつもリロのお腹の中へと潜り込んでいきました。当然リロからはミルクが出ませんでしたが、リロの強い母性がそうさせたのか、次第にリロの胸からミルクが出るようになったそうです。

ロージーはいつも幸せそうに、リロお母さんに寄り添いながら眠りにつきます。

保護直後のロージーは全く精気が無く、ほとんど動けない状態でした。リロはそんなロージーのことをずっと抱きしめて、一日中温め続けたのです。

保護以来、ずっとリロと一緒に過ごしてきたロージーは、自然と自分のことをハスキー犬だと思うようになっていきました。ロージーはいつもお母さんの姿を見つめながら「いつかお母さんみたいに立派なハスキー犬になるぞ」と目を輝かせていたそうです。

こちらはリロ一家の記念写真です。ハスキー犬の家族に小さな一員が増えました。

家族はいつも一緒で、とても仲良く過ごしているそうです。

そして、ロージーが保護されてから3ヶ月半が経ちました。ロージーは瀕死の状態だったのがウソだったかのように、いつもリロに寄り添いながら幸せそうに眠っているそうです。

また、すっかり自分のことをハスキー犬だと思っているロージーは、リロお母さんと一緒に散歩に行くのも大好きで、毎日のように近くの公園に出かけているそうです。

幸せそうなふたりの様子はこちら。

その後もすくすくと成長を続けたロージーは、日に日に大きくなっていきました。もちろん体が随分と大きくなった今でも、リロ達と一緒に元気いっぱいの毎日を過ごしているそうです。

ロージーの日常の光景はこちら。

こうしてロージーはリロの大きな愛情で、幸せな毎日を送れるようになりました。瀕死の状態だったロージーが、心と体を温めてくれる優しいお母さんに出会えて本当に良かったですね(*´ω`*)
出典:lilothehuskylovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう