人生に、もふもふを。

路上から保護された愛らしい耳の子猫。保護先でみんなの心をとりこにすると、たくさんの愛情の中で幸せいっぱいに!

0

今月の初め、1匹の迷子の子猫が路上で保護され、地元の保護施設に連れて来られました。子猫は首に傷を負っていて、上気道感染症を患っていました。

子猫はすぐにカバラス動物病院に運ばれ、その愛らしい姿でスタッフ全員の心をとりこにしました。

「彼女は現在、獣医のアリシャさんの治療を受けています。彼女はとても愛情深く、甘えん坊の女の子です」とスタッフのジャナ・アビレスさんは言いました。

子猫の体重は約3kgです。子猫は平均的な子猫よりも小さいですが、愛らしい癖をたくさん持っているそうです。

「彼女の正確な年齢は分かりませんが、もう少しで1歳になるくらいだろうと考えています。彼女は現在、安全な場所で身体を回復させていて、みんなのケアで快適に過ごしています」とスタッフのシェルビーさんは言いました。

子猫はとってもハグ好きで、いつも誰かに抱きしめられたいと思っていて、毎日スタッフ達との時間を楽しんでいるそうです。

「私達は彼女をカンガルーの赤ちゃんようにパーカーに入れて一緒に移動しています。彼女はその場所がとても気に入っていて、いつも幸せそうに眠っています。」

子猫にはまだ正式な名前はありませんが、スタッフ達は子猫の耳がスター・ウォーズのヨーダに似ていることから、愛情を込めて『ヨーダ・キャット』と呼んでいるそうです。

「彼女はあまり鳴きませんが、誰かが可愛がり始めると途端に手の中で溶け始めます。彼女はハグをされることと膝に寄り添うことが何よりも好きです」とシェルビーさんは話してくれました。

子猫は現在、動物病院で適切な治療を続けていて、スタッフ達の温かいケアで確実に快方へと向かっているそうです。

こうして路上から保護された子猫は安全な場所に辿り着くことができました。子猫はもう食べ物や避難場所の心配をする必要はありません。子猫はいつもたくさんの愛情を注がれながら、幸せな未来へと向かっているのです。
出典:Likesforlives15lovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう