人生に、もふもふを。

幼くして母親を失い、独りぼっちになった子犬。保護先で出会った優しい母猫に温かい愛を教わり、新しい人生を歩み始める

0

子犬の『ボビー』は交通事故で母親を亡くした後、地元の保護施設に保護されました。まだ生後2週間のボビーには、母親の愛情が必要でした。

持たれる犬出典:michiganhumane

その頃、保護施設には子育て中の母猫『グウェン』が保護されていました。そこでスタッフ達がグウェンにボビーを会わせてみると、グウェンはすぐにボビーのことを迎え入れ、優しく毛づくろいを始めたのです。どうやらグウェンにはボビーの寂しさが分かっているようでした。

ボビーは新しいお母さんと兄弟に安心したようで、すぐに寄り添いながら眠り始めたそうです。

猫の親子と犬出典:michiganhumane

ボビーはとても食欲が旺盛で、お母さんが食事をしている最中もミルクを飲みに来ます。グウェンはそんなボビーを遠ざけることなく、心ゆくまでミルクを飲ませてあげるそうです。

母猫と子犬出典:michiganhumane

また、グウェンが休憩している間は、子猫達がボビーのお母さん代わりになります。

元気な子供達出典:michiganhumane

子猫達は小さい舌を一生懸命に動かしながら、ボビーの身体をお母さんのように毛づくろいをしてあげるそうです♪

毛づくろい子猫出典:michiganhumane

たくさんの兄弟に囲まれたボビーは、もう独りぼっちではありません。

子猫と子犬出典:michiganhumane

いつもグウェンや兄弟に寄り添いながら、幸せな毎日を過ごしているのです。

こうして母親を失ったボビーは、グウェンや兄弟のおかげで温かい愛情を知ることができました。その後、生涯の家へと旅立っていったボビーは、グウェンゆずりの愛情で、新しい家族にたくさんの幸せを届けているそうです。

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう