人生に、もふもふを。

里子に出すはずが、そのまま家族の一員になった保護猫。出会った全ての迷子の子猫達の母親になって驚くほどの愛情を注ぐ

0

ある日、母親のいない1匹の子猫が路上で見つかりました。子猫はとても体重が不足していて、人間との生活に慣らす必要がありました。

「私はこれまでに多くの子猫達を育ててきましたが、彼女ほど野生的な子猫はいませんでした。私はちゃんと彼女を育てられるか心配でしたが、養育に挑戦することにしました」と養育ボランティアのカーラさんは言いました。

「私が彼女を迎えに行くと、彼女は叫び始めました。彼女は人間をとても怖がっていて、友達になるまでには1週間以上かかりました。」

カーラさんは子猫と信頼関係を結ぶために、食事の時間はいつもそばにいました。そして子猫を安心させるために、一緒に遊ぶ時間をたくさん作りました。

そのおかげで『カルバン』と名づけられた子猫はゆっくりとですが確実に、カーラさんのことを信頼していったのです。そしてついにカルバンは心を開き、カーラさんの後を追いかけるようになりました。

「動物病院での2回目の検査の時、獣医さん達はカルバンの行動が劇的に変化していることに気づき、とても驚いていました。」

その後、カルバンがカーラさんの連れてきた保護子猫に出会うと、すぐに一緒に遊んで、幸せそうに寄り添い始めました。カーラさんはその様子を見て、カルバンには困っている子猫達に対する大きな愛情があることに気づきました。

カルバンが避妊手術と里子に出る準備を整えた時、別の養育ボランティアがカルバンを引き取りに来て、保護施設へと連れていきました。

「私は今までたくさんの子猫達を育ててきましたが、子猫を送り出す時に迷ったことはありませんでした。でも今回は違っていました。カルバンが家からいなくなると、私は引き裂かれたような感覚を覚えました。私はその日ほとんど眠れず、翌朝早くに保護施設に連絡をして、彼女を引き取りたいと伝えました。」

保護されたばかりの内気な子猫も、カルバンがそばに来るとすぐに落ち着き始めました。カルバンは常に子猫達のことを気にかけていて、子猫達が寂しさを感じないようにしているそうです。

「カルバンは子猫達を抱きしめながら昼寝をするのが大好きです。彼女は常に子猫達を清潔に保ち、子猫達が危ないことをしないようにいつも近くで見守っています。」

「カルバンは今までで最高のベビーシッターで、私は彼女のことをいつも信頼しています。」

カルバンはこれまでの1年半で25匹以上の子猫達を育ててきました。カルバンが世話をした子猫達の多くは母親と離ればなれになってしまった子猫達で、カルバンを通して温かい愛情を見つけることができたのです。

「私の家には現在、3匹の保護子猫達がいます。子猫達はみんなカルバンのおかげで自分の殻を破り、新しい生活を楽しんでいます。」

「私は愛情いっぱいのカルバンのことが大好きです」とカーラさんは話してくれました。

こうして迷子になっていたカルバンは、優しい家族の元で新しい人生を始めることができました。カルバンはこれからも困った子猫達にたくさんの愛情を注ぎながら、カーラさんの元で幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:eccentric_essenceslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう