人生に、もふもふを。

生まれた時から障がいで、「醜い」と言われた猫。本当の美しさを知る女性と出会って、幸せいっぱいの人生を送り始める

0

ある日、特別支援学校の先生をしているロリ・ファリスさんが、帰宅の途中で1匹の子猫に出会いました。子猫はとても衰弱していて、体調を崩しているように見えました。子猫は全身が汚れていて、ノミに覆われていて、鼻に怪我をしていました。

子猫を心配したファリスさんは、子猫を保護して車の中へと運び込みました。そして子猫を自宅へと連れて帰り、全身を綺麗にし、ご飯を食べさせてあげたのです。そんな心優しいファリスさんですが、この時はまだ保護した子猫が自分の人生を大きく変えるとは思っていませんでした。

数日後、ファリスさんは子猫を獣医さんのところに連れて行きました。ファリスさんはそこで子猫がまだ5週齢にも満たないことを知りました。また子猫がノミだけではなく、眼感染症を患っていて、お腹に虫がいることも分かりました。

保護された子猫出典:willowthebeautifulcat (iheartcats)

幸いなことに子猫は時間の経過とともに全ての病気を治すことができました。しかし、子猫の顔は他の猫と違っているように見えました。一般的に猫にはダウン症がないとされているため、ファリスさんは獣医さんに「ダウン症に似た特徴を持って生まれた子猫」だと伝えられたそうです。

さらにファリスさんは獣医さんに、子猫の容姿が他の猫とは異なっているため、保健所に送られる可能性が高いと言われました。ファリスさんはとても動物好きだったため、子猫を手放してはいけないと強く感じたそうです。ファリスさんは迷子の子猫に最高の人生を送らせるために、正式に家族の一員として迎えることにしました。

その後、ファリスさんは子猫に『ウィロー』と名づけました。ウィローはファリスさんとの新しい生活にすぐに慣れました。また先住犬の『エラ』とも兄弟のように仲良くなりました。

ウィローとエラはいつも一緒に過ごしていて、切り離すことのできない存在です。2匹は毎日一緒に遊んで、お互いに寄り添い合っているそうです。

ウィローは現在約2歳で、とても健康的で幸せな毎日を送っています。ウィローはたくさんの人達に愛されていて、Instagramでは14万人を超えるフォロワーがいるそうです。

ウィローの写真の多くには、頭に花をつけるか、可愛い帽子を被った姿が写っています。それはウィローの愛らしい姿をさらに魅力的に見せているようです。

「私はウィローの顔が奇妙だと言われてもあまり気になりません。でも彼女のことを醜い、発達が遅れている、気持ち悪いと言う人は好きではありません」とファリスさんは話してくれました。

ウィローの容姿は他の猫とは少し違っていますが、間違いなく美しい猫です。ウィローは現在、大好きな家族や世界中の人達に愛されながら、幸せいっぱいの毎日を送っているのです。
出典:willowthebeautifulcatiheartcats

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう