人生に、もふもふを。

「元気になってにゃ」保護施設から病院に引き取られた猫。重病の患者さん達に多くの喜びと希望を届け続ける

0

サンフランシスコにあるUCSF・メディカル・センターに猫の『デューク・エリントン・モリス』が住んでいます。デュークは病院のメンバーのひとりで、いつも重病の患者さん達に喜びと希望を届け続けているのです。

見つめる猫出典:UCSFMedicalCenter (lovemeow)

地元の保護施設からやって来たデュークは、いつも病院にいる人達を笑顔にしてくれます。デュークには専用のカートが用意されていて、いつもカートごと患者さんの元へと運ばれて行くそうです。その姿はまるで『病院の王様』です。

運ばれる猫出典:UCSFMedicalCenter

デュークが病室の部屋に現れるたびに、患者さん達は素敵な笑顔を浮かべます。

こちらの高齢の男性もデュークが来るのをいつも楽しみに待っていて、デュークが来ると嬉しそうに頭を撫で始めます。そして、スタッフに体調をチェックされている間、人懐っこいデュークにたっぷりと癒されているのです。

「デュークが近づくたびに、どんどん体が良くなっていくようだ」と男性は話します。

患者さんを見る猫出典:UCSFMedicalCenter

デュークは人間と触れ合うのが大好きで、患者さん達に身体を撫でられると、いつも幸せそうな表情になります。また患者さんを訪問した後は医者やスタッフに挨拶をしたり、キスをしたりして、病院で働く人達にも笑顔を届けているそうです。

癒しを届ける猫出典:UCSFMedicalCenter

スタッフはデュークを患者さんのところへ連れていく前に、患者さんのアレルギーチェックを必ず行います。また、アニマルセラピーのためのガイドラインも作られ、患者さんとデュークにストレスが溜まらないように気をつけているそうです。

病院内で過ごすデュークの姿はこちら。

すっかり病院の人気者になったデュークは、不安や痛みで落ち込む患者さん達に元気を届けています。デュークが来てくれたおかげで、病院内には見違えるほど笑顔が増えました。たくさんの喜びをくれるデュークに、患者さんやスタッフ達はいつも心から感謝しているそうです。
出典:UCSFMedicalCenterlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう