人生に、もふもふを。

身体の成長が止まっていた迷子の子猫。優しい人達の力を借りて元気を取り戻すと、幸せな生活の中でついに成長を始める

0

ある日、カナダのモントリオールの路上で、お母さんのいない子猫達が見つかりました。その中の1匹は明らかに他の兄弟よりも身体が小さく、脱水症状と栄養失調に陥っていました。

子猫達は地元の保護施設に連れて行かれ、スタッフ達による看護が始まりました。しかし、『バンビー』と名づけられた小さな子猫だけは、なかなか体調が回復せず、身体も成長しませんでした。そこで施設のスタッフ達はバンビーの命をつなぐために、専門的な知識のある保護施設を探し始めました。

そして、スタッフ達は保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に連絡し、バンビーを連れて行きました。早速、着いた先で医療チームの治療を受けたバンビーは、気分が少し良くなったようで、ゴロゴロと喉を鳴らし始めたそうです。

「しばらく元気の無かったバンビーは、食べるための力を徐々に取り戻してきました。他の子猫よりも発達の遅れているバンビーは、顔の大きさのわりにとても小さな身体をしていました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんは言いました。

医療チームはその後もバンビーの胃腸の治療を続けましたが、容態はなかなか安定しませんでした。

バンビーの状態が良くなってきたと思った直後に、バンビーの容態が急変しました。しかし、バンビーは決して自分の命を諦めず、周りにいた誰もがバンビーと一緒に戦いを続けました。

「獣医チームは抗生物質とサプリメントでバンビーの治療を行いました。そのおかげで彼女は次第に良い反応を示すようになり、ようやく容態が安定してきました。」

この時のバンビーは6週齢でしたが、3週齢の子猫と同じ大きさしかありませんでした。しかし、バンビーは小さな身体にもかかわらず、同じ年齢の子猫と同じように行動し、走り回り、部屋の隅々まで探索をしていたそうです。

その後、みんなのおかげで体調が回復したバンビーは、別の子猫へと生まれ変わりました。

「バンビーは人間と一緒にいることに幸せを感じているようで、いつも誰かのそばで過ごしています。彼女はよく人間の肩の上に登って、首に巻きつきながら眠っています。」

治療を開始してから1週間後、バンビーの体重はほぼ2倍になり、全身にエネルギーが満ちて、好奇心が溢れ出しました。

バンビーは確実に成長を続けていて、日に日に体重を増やし、フワフワの毛並みを取り戻してきているそうです。

バンビーはまだとても小さく、十分に成長するまでには多くの時間がかかります。しかし、バンビーはいつも元気いっぱいで、好奇心の赴くままにたくさんのイタズラをしているそうです。

あの日、セリーヌさんの元にやって来たバンビーは、手のひらサイズの小さな子猫でした。しかし、優しい人達のおかげで完全に身体を回復させ、新しい人生を歩み始めることができました。現在のバンビーは日に日にできることを増やしていっていて、確実に成長を続けているのです。

もしかするとバンビーはこれから先もずっと、他の猫よりも身体が小さなままかもしれません。でもバンビーは毎日たくさんのご飯を食べて、他の子猫に追いつけるように一生懸命に頑張っているのです。きっとバンビーはこれからも温かい愛情を全身で感じながら、一日一日を元気いっぱいに過ごしていくことでしょう。
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう